よくある悩み

服装は、何着?どんな感じの服が必要?

フィレンツェの広場にて 季節によって、夏でも夜は肌寒くなったり
冬でも、半そでで十分温かい時もあります。
ミラノは、東北地方位の寒さのイメージ、
ローマは本州(本土)のイメージ。

同じイタリアでも南北は気温がまったく違います。

  • 春・夏
    一枚上に羽織れるようなもの
    (例:薄手のカーディガンなど)
    昼間暑い場合1枚脱いで調整し、
    夜が寒くなる場合、1枚着れる格好が理想。

  • 重ね着で調整できるような組み合わせ(例:半そで・七部と上着など)

  • 天気予報次第で、寒さにあわせてコートの厚さやセーター。
    ツアーの場合、移動中のバスは暖かいので上着で調整が便利です。
    雪マークの場合、靴は靴底にゴムがしっかり貼ってある靴が滑りにくいです。
今日から今週のイタリアの気温は何度くらい?
日本の住んでいる地域の気温と比べて確認する事が出来ます。
<イタリアと日本の平均最高・最低気温>(※日本の気温は2013年の気象庁調査

レストラン用のきちっとした格好(正装)はいる??

ツアー、自由行動で、一般的なリストランテを予約しているなら、
できれば・・襟があるシャツ、もしくはTシャツでも上に羽織れるジャケット風の物を1着持っていると 便利です。

※ジャケットがなくても襟付きの服装だけでも十分。そこまで厳しくはありません。
表現が難しいですが、ボロボロのTシャツやジーンズなどではない限りは柔軟かと思います。
ただ、お店の店員さんは、お客さんの格好によりサービスの質を変える場合があります。
女性の靴は、必ずしもヒールや皮靴でなくても大丈夫です。

たいていの場合、1日観光をした後にレストランに行きます。正装のままではありません。
ツアーからのレストランの場合、リストランテでもみんな綺麗目すぎない普通の服装でした。

イタリア旅行の自由行動・フリープランでは、かなり歩きます。
観光地では、階段や石畳も多くタイトスカートやヒールは少し歩きづらいかもしれません。
スニーカーやペタンコな歩きやすい靴が一番です。


何着必要?

歩きやすい靴を!
  • 下着
    下着は宿泊日数分を持参しましょう。
    連泊がある場合は、洗濯用洗剤を持参しておいて、
    洗面所で洗って干しておくこともできます。
    荷物が気になる場合は、使い捨て下着もあります。
  • Tシャツ・インナーウエア
    夏で、Tシャツなど肌に触れる服は汗をかきやすい人は、 旅行の日数分を持参するのが安心でしょう
    連泊がある場合は、洗濯用洗剤を持参しておいて、
    洗面所で洗って干しておくこともできます。
    (濡れた服をバスタオルにはさんで踏むと脱水効果アリ。)
    季節によって違いますが、だいたい1日位で乾きます。
  • パンツ(ズボン)やスカート
    旅行日数にもよりますが、履いていくパンツ・スカート以外に
    あと、1着(合計2着)は持っていく方が安心です。

    ※万が一、そのパンツ・スカートが濡れたり汚れたりする場合の替えです。

  • 靴は、新品ではなく履きなれた物のほうが、靴づれになりにくいです。
    女性で高めのヒールの靴を履いていく場合、
    もう1つ歩きやすい靴を持っていくほうがよいでしょう。
    歩いているうちにヒールが取れた、足が痛い場合の替え用です。
    男性は、履いていく靴1着だけでも問題ないかもしれません。
準備編でも記載していますが、Tシャツは丸めて入れるとかさばりません。
もし急遽必要になったら、現地のTシャツや靴をお土産がわりに買う!という手もあります。
私は、履いて行った靴がすり減ってしまったので、現地で靴を買いました。


新婚旅行で着ていく服装は?

せっかくの新婚旅行は、オシャレして♪と考えてしまいがちですが、
日本の生活の中で外出用に着ている同じ服装が一番です。
少しオシャレをしたとしても過度ではなく、できれば目立たない格好で。
旅行中は、本当に良く歩くので、動きやすい疲れにくい格好がオススメです。

日本人の服装は、もともと同じアジア圏に比べてオシャレなので、日本人だと良く分かります。
オシャレをしすぎて、お金をもっていると思われ狙われる対象になることもあるので、注意です。

その他

教会では、服装チェックをされる場合があります。
宗教上の理由から肌の露出が多いと入場を断られる場合があります。
※肩や膝が出ている場合、羽織るものを持っておいたほうがよいでしょう。(例:ノースリーブなど)

もし現地で暑い、寒いなど困った時には、現地のお店でも購入する事ができます。
旅行で一緒だった方は、予想外の暑さからTシャツを買われていました。
私は、靴擦れをおこし、ローマの靴屋さんで靴を買いました。
シンプルな靴で1足35ユーロくらいでした。
バーゲン(SALDI)シーズン(7月~8月、1月~2月)には、
割引セールでお得に購入する事もできます。

ミラノやローマ、フィレンツェの中心街には、服のショップもたくさんあります。
観光の時間が少なくなってしまうかもしれないので、
ツアーガイドさんに相談して、探し物が買えそうなお店を教えてもらうと
自由時間を有意義につかえるかもしれません。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 服装は、何着?どんな感じの服が必要?