イタリア旅行準備に役立つ情報

デジカメ・ビデオカメラは必要?

デジタルカメラは要る?

コロッセオ 入口(ローマ)
もちろんですが、デジタルカメラはオススメです。

綺麗な景色、写真を撮っても撮っても撮りきれない程、
撮りたい所はたくさんあります。
最近のデジカメ、メモリカードの容量に応じて、
簡単な動画も撮ることができます。
ビデオカメラの用意までは、ちょっと・・と躊躇する場合も、
サイズは少し小さくなりますが、
デジタルカメラで鮮明に動画撮影が可能です。

※今はスマホの写真・動画も高機能なのでスマホのみでも問題ないかと思います。スマホを頻繁に出しているとスリにあう可能性や落とす可能性も高くなります。
もしスリにあわないよう、落とさないよう、しっかりスマホを持てるように気を付けておきましょう。



デジタルカメラ・ビデオカメラを用意するにあたって

旅行直前に最新型のデジカメ・ビデオカメラを買うという考えもありますが、
用意(購入)する上での注意点があります。

  • デジカメ・ビデオカメラは、旅行の1ヶ月ほど前には、用意しておく。
    初期不良などがないか使用感をたしかめておきましょう。
  • 旅行前に、日常生活でも使ってみて、使える機能を把握しておく。
    セルフタイマーや夜景モードなど機能を確認しておきましょう。
    施設内では、フラッシュ撮影不可のところがあります。
    設定方法も覚えておきましょう。
  • 日常からよく撮る人は、予備バッテリー(充電池)も用意しておく。
    カメラの撮影時間を把握して、半日でデジカメの電池がなくなったなんて事がないように。
    もちろん予備バッテリー(充電池)は、持ち運び用カバンの中にお忘れなく!
  • 予備用メモリカードを用意しておく。
    動画や写真をたくさん取る人は、予備のメモリカードの準備も!

綺麗な景色や瞬間をおさめるために、旅行前の日常生活の中から、
写真やムービーを撮り慣れていることがオススメです。

ただし、写真に夢中になりすぎて手荷物にスキを作らないように!!
スリは、高価なカメラにも目を付けますが、観光客が写真を撮っているスキも狙います。



デジカメに関する準備リスト

※ちなみに、このブログでは、Canon IXYで撮影した写真を使用しています。


デジタルカメラに関する体験談

イタリアの旅行での体験談はありませんが、別の旅行時の話です。
ご夫婦の参加でデジカメ1つを使われていましたが、
ふとした時に、手から落ち、デジカメの接触が悪くなったのか、
ツアー3日目(8日間のツアー)でデジカメが壊れてしまいました。
親切なカップルが2台のデジカメを持っていたので1台借りたそうです。
SDカードの予備を持っていたので、SDカードだけ入れて写真を撮る事ができたとのこと。


旅行では、何が起こるかわかりません。
(もちろんデジカメは、イタリアでも買うことはできますが、すぐ購入できるとは限りません。)
思い出の写真、もし不安な場合には、予備用のデジカメがあってもよいかもしれません。



ビデオカメラは要る?

日常、ビデオカメラを使い慣れている人は、持参しても良いかもしれません。
美術館内、建物内では、ビデオカメラが許可されていない所もありますので、
必ず確認してから撮るようにしましょう。


ビデオを撮って熱中している間に、荷物を狙ってくるスリもいますので、
近くに誰かが寄ってきた場合のスリや少し荷物を置く瞬間などの置き引きに気をつけましょう。
現地では、ビデオカメラを持って行っている人は、アジア人が多いように見えました。


ビデオカメラに関する準備リスト



写真の注意

フラッシュ禁止・写真禁止マーク
  • 写真撮影禁止・フラッシュ撮影禁止
    美術館や施設内では、「写真撮影禁止」や「フラッシュ撮影禁止」の看板にご注意を。

    展示物によって「写真撮影禁止」もあります。
    「写真撮影禁止」の所で、誤って写真撮影をしてしまうと 係りの人から写真を消すように注意を受けたり、最悪カメラを没収されることもあります。

    分からなかった、知らなかったが通用しない厳しい世界です。
    もし注意を受けたら、素直に従いましょう。
  • 手から落とさないように注意
    カメラには、ストラップをつけ手から落ちにくいよう使うのがお勧めです。
    観光地は石畳やコンクリートが多く、手から落とすと1回でも故障につながります。

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - デジカメ・ビデオカメラは必要?

ツアー選びのポイント・注意点

乗継?直行便?

直行便?乗継? 直行便とは、日本の空港(羽田)からイタリア(ローマやミラノ)まで乗継(飛行機の乗り換え)なしで行きます。
・羽田以外の空港(関西空港など)からの出発の場合は、
 国内線の乗継はあります。
・南イタリアのツアー場合は、ローマ・ミラノからの乗り継ぎとなります。


直行便を提供しているのは、
JAL日本航空(コードシェア便を含む)、アリタリア航空。
直行便のツアーは乗り継ぎのツアーに比べると価格が少し高い場合もあります。
直行便を希望する場合は、追加料金となる場合もあります。
直行便の場合は、イタリアまで約13時間、乗り継ぎをすると15~16時間かかります。
※乗継がある場合は、「KLMオランダ航空」や「ルフトハンザ航空」などと書いてあります。

<乗継の時に注意すること>
  • 乗り継ぎの空港によってはユーロが使えない場合があります。
    クレジットカードなどで対応を。
  • ロストバゲッジ(預け入れ荷物の紛失)に注意。
    出発の荷物を預ける際に、貼られる国コード(3桁の英文字)シールが間違っていないか確認を。
    例:MXP:ミラノマルペンサ空港、FCO:フィウミチーノ空港など
  • 乗継飛行機の到着・出発が遅れる場合があります。
    念のため放送があれば聞いておきましょう。
乗り継ぎは直行便に比べると大変なところもありますが、イタリア到着前に
別の空港や国の雰囲気が味わえるのも楽しいですよ!

車窓から?

ツアー詳細を確認! 選んだツアーは、含まれている観光地が盛りだくさん!!なツアーは要注意。 ツアーパンフレットのどこかに「車窓」の文字はありませんか?

車窓は、「バスからの景色を見る」だけというもの。 観光スポットが多いイタリアでは、全ての観光スポットで 時間を取って観光をしていると、もちろん時間が足りないので、 外から見て終わりということも多々。

見れる観光スポットは限られているけれども、 歩いてじっくりな観光なのか、車窓からなのか。確認を。

催行人数って?

催行人数とは旅行が実施される最少人数です。
旅行会社、ツアーによってこの人数は異なります。
「催行人数が2人」になっているツアーは、最少、2人揃えばツアーは実行されます。
「催行人数が20人」のツアーは、20人の申し込みがないとツアーは実行されません。
逆に、ツアー中20人がずっと同じ行動になるので、大人数が苦手な場合は注意です。

催行人数が多いほど、リーズナブルになるツアーもあります。
ツアー人数が気になる場合は、催行人数のチェック!
それと旅行会社の方にも、申し込み人数を聞くと人数を教えてくれます。

ツアーの申込締切日(出発日の○日前など)までに催行人数に満たなかった場合は、
旅行会社の方から、出発日の変更などの相談があるかもしれません。

ツアー料金に含まれない料金とは

支払っているツアー料金以外に現地で必要になる費用があります。

例えば・・
  • 食事のときのお水やワインなどのドリンクは、全て実費支払いになります。
  • ベッドメイキング用のチップ(1日1人1ユーロ)
  • ドライバーさんチップ(最終日に融資で回収されることも)
  • トイレチップ(50セント~1ユーロ)
ツアーを予約時に旅行会社さんに念のため確認しておきましょう。

宿泊都市・ホテルの場所は?

ツアーパンフレットの行程表にも書いてありますが、宿泊都市がベニスやフィレンツェ等と
書いてあっても、宿泊の場所が、有名な観光地の近くとは限りません。
場合によっては、バスで30分位の距離の近郊都市になる可能性もあります。
ホテルの場所が、中心街にある場合は、ツアー料金は若干高くなります。
※ローマについては中心街にホテルがあるツアーが多くなってきました。

例えば
フィレンツェの宿泊が、カレンツァーノ(町名)の場合、フェレンツェ中心街からバスで45分の町です。
ベニスの宿泊が、メストレ(町名)の場合、ベニス本島ではなくベニスからバスで30分の街です。


ホテルが決まっているツアーの場合は、ホテルの場所が大体分かるのですが、
ホテルが決まっていない場合は、出発日の2週間前位にホテルが決まることになります。


夜に少し遊びに行こうかと考えている人は、行程表をもらってから
ホテルの住所で検索し、ホテルから中心街までの距離を把握することもできます。
(海外に慣れない場合は、夜の個人行動はお勧めしません)
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ツアー選びのポイント・注意点

旅行で使えるイタリア語メモ!

使えるイタリア語メモ(イメージ) ツアーを利用せず、自分たちでの旅行の場合や
自由行動が多いツアーの場合は、
イタリア語の本を1冊持っていた方が安心です。
レストランやショッピング、道を尋ねるときなど、
色々なシーンでつかうことができます。


旅行を何倍も楽しむためには、
やはり簡単なイタリア語や英語でも、
挨拶や「ありがとう」の気持ちなど
現地の人たちに分かる言葉で伝えられると、
より現地になじんだ旅を楽しむことができます。

(もちろん、ツアーでは、ガイドさんが挨拶などの簡単なイタリア語は教えてくれます)

イタリア語を使うことによって、オススメ情報を教えてもらえたりオトクなこともあります。
すべてではありませんが、簡単な使えるイタリア語をまとめています。
旅行にも持って行けるA4の1枚です。(空き箇所には、メモも書けます。)

ダウンロードはこちらから
旅行で使えるイタリア語リスト(簡易版).pdf

イタリア語
英語(参考)
読み方
意味
Si. Yes. スィ はい
No. No. いいえ。
Buon Giorno. Hello ブオン ジョルノ おはようございます。
こんにちは。
Buona Sera. Good Evening ブオナ セーラ こんばんわ。
Ciao. Hi! / See you! チャオ こんにちは!
さようなら
scusi Excure me. スクージィ すみません。
Buono Delicious ヴォーノ おいしい。
Grazie Thank you. グラーツェ ありがとう。
Mi Scusi I'm sorry. ミ スクージィ ごめんなさい。
No.Grazie No, Thank you. ノ グラーツェ 結構です。/いりません。
Quanto Costa? How much? クワント コスタ? いくらですか?
Prendo questo. Take it. プレンド クエスト (指でさして)これ下さい。
Dove il bagno? Where is
the washroom?
ドヴェ イル バーニョ? お手洗いはどこですか?


女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅行で使えるイタリア語メモ!
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
イタリアについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他