イタリア旅行準備に役立つ情報

デジカメ・ビデオカメラは必要?

デジタルカメラは要る?

コロッセオ 入口(ローマ)
もちろんですが、デジタルカメラはオススメです。

綺麗な景色、写真を撮っても撮っても撮りきれない程、
撮りたい所はたくさんあります。
最近のデジカメ、メモリカードの容量に応じて、
簡単な動画も撮ることができます。
ビデオカメラの用意までは、ちょっと・・と躊躇する場合も、
サイズは少し小さくなりますが、
デジタルカメラで鮮明に動画撮影が可能です。

※今はスマホの写真・動画も高機能なのでスマホのみでも問題ないかと思います。スマホを頻繁に出しているとスリにあう可能性や落とす可能性も高くなります。
もしスリにあわないよう、落とさないよう、しっかりスマホを持てるように気を付けておきましょう。



デジタルカメラ・ビデオカメラを用意するにあたって

旅行直前に最新型のデジカメ・ビデオカメラを買うという考えもありますが、
用意(購入)する上での注意点があります。

  • デジカメ・ビデオカメラは、旅行の1ヶ月ほど前には、用意しておく。
    初期不良などがないか使用感をたしかめておきましょう。
  • 旅行前に、日常生活でも使ってみて、使える機能を把握しておく。
    セルフタイマーや夜景モードなど機能を確認しておきましょう。
    施設内では、フラッシュ撮影不可のところがあります。
    設定方法も覚えておきましょう。
  • 日常からよく撮る人は、予備バッテリー(充電池)も用意しておく。
    カメラの撮影時間を把握して、半日でデジカメの電池がなくなったなんて事がないように。
    もちろん予備バッテリー(充電池)は、持ち運び用カバンの中にお忘れなく!
  • 予備用メモリカードを用意しておく。
    動画や写真をたくさん取る人は、予備のメモリカードの準備も!

綺麗な景色や瞬間をおさめるために、旅行前の日常生活の中から、
写真やムービーを撮り慣れていることがオススメです。

ただし、写真に夢中になりすぎて手荷物にスキを作らないように!!
スリは、高価なカメラにも目を付けますが、観光客が写真を撮っているスキも狙います。



デジカメに関する準備リスト

※ちなみに、このブログでは、Canon IXYで撮影した写真を使用しています。


デジタルカメラに関する体験談

イタリアの旅行での体験談はありませんが、別の旅行時の話です。
ご夫婦の参加でデジカメ1つを使われていましたが、
ふとした時に、手から落ち、デジカメの接触が悪くなったのか、
ツアー3日目(8日間のツアー)でデジカメが壊れてしまいました。
親切なカップルが2台のデジカメを持っていたので1台借りたそうです。
SDカードの予備を持っていたので、SDカードだけ入れて写真を撮る事ができたとのこと。


旅行では、何が起こるかわかりません。
(もちろんデジカメは、イタリアでも買うことはできますが、すぐ購入できるとは限りません。)
思い出の写真、もし不安な場合には、予備用のデジカメがあってもよいかもしれません。



ビデオカメラは要る?

日常、ビデオカメラを使い慣れている人は、持参しても良いかもしれません。
美術館内、建物内では、ビデオカメラが許可されていない所もありますので、
必ず確認してから撮るようにしましょう。


ビデオを撮って熱中している間に、荷物を狙ってくるスリもいますので、
近くに誰かが寄ってきた場合のスリや少し荷物を置く瞬間などの置き引きに気をつけましょう。
現地では、ビデオカメラを持って行っている人は、アジア人が多いように見えました。


ビデオカメラに関する準備リスト



写真の注意

フラッシュ禁止・写真禁止マーク
  • 写真撮影禁止・フラッシュ撮影禁止
    美術館や施設内では、「写真撮影禁止」や「フラッシュ撮影禁止」の看板にご注意を。

    展示物によって「写真撮影禁止」もあります。
    「写真撮影禁止」の所で、誤って写真撮影をしてしまうと 係りの人から写真を消すように注意を受けたり、最悪カメラを没収されることもあります。

    分からなかった、知らなかったが通用しない厳しい世界です。
    もし注意を受けたら、素直に従いましょう。
  • 手から落とさないように注意
    カメラには、ストラップをつけ手から落ちにくいよう使うのがお勧めです。
    観光地は石畳やコンクリートが多く、手から落とすと1回でも故障につながります。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - デジカメ・ビデオカメラは必要?

重要情報はコピーの用意を!

パスポートやクレジットカードの番号の重要情報。
スリにあったり紛失の場合は、再発行・手続きに膨大な時間がかかります。
失くした時には、慣れない海外では気持ちも焦ってしまいます。

全く情報が無い事と、コピーがあるだけでも違います。

重要な情報は、必ずコピーを取っておきましょう。
2枚分のコピー1枚ずつを、スーツケース・手持ちカバンに入れておくと安心です。

ちなみに重要情報とは・・
  • パスポート番号
  • クレジットカード番号・クレジットカードの緊急連絡先
  • 海外旅行保険の保険証書
  • ※クレジットカードの海外旅行保険を使う場合は、その保障内容・連絡先
  • ※トラベラーズチェックを購入の場合には、トラベラーズチェックの番号

万が一に備えて、きちんと管理しておくことが大切です。

万が一紛失の場合は・・

在イタリア日本国大使館にて手続きが必要となります。
サイト下段の「盗難の被害にあったら(PDF)」を一度確認すると安心かもしれません。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 重要情報はコピーの用意を!

コンセント・電気事情の準備物

コンセント口 電圧は、220ボルトで周波数は50ヘルツ。
プラグは、丸型のC2タイプ
日本国内用の電化製品はそのまま使えません。

デジカメの充電は?

変換プラグ デジカメの充電の場合、充電機の電圧幅が幅広く対応しているので 変換プラグを使用するだけで十分利用できます。

ビデオカメラ・パソコンは?

ビデオカメラやパソコンを持参している場合は、充電に変圧器が必要になる
場合があります。必ず購入したパソコンのメーカーサイトで確認しましょう。


海外対応トラベルドライヤー・男性用シェイバーは?

海外対応のトラベルドライヤー男性用のシェイバーを持参している場合は、
ドライアヤーのスイッチで変圧を切り替えることが出来るので変圧器は必要ありません。
トラベルドライヤーには、Cプラグの変換プラグが標準で付いています。
男性用のシェイバーには、別途必要になっている場合もあるので注意です。


日本からの携帯電話は??

変換プラグ海外対応の充電器があれば充電が可能です。
スマートフォンの場合は、メーカーによって注意が必要な場合があります。
念のため各キャリアのサイトを確認しておきましょう。

注意

ガラパゴス携帯の充電器や延長コードなど、海外対応ではないものを利用した場合、
接続している機器が熱くなって火が出たり、機器が故障する可能性があります。

現地の電源口に差し込んで利用するときは、都度、様子を見ながら利用するようにしましょう。
熱くなった場合には、直ちに止めた方がよいでしょう。
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - コンセント・電気事情の準備物

現地ホテル・民泊の予約方法

現地ホテルの予約・利用について

ホテルの客室イメージ 最近は、日本からも日本語のサイトから現地ホテルの予約が簡単にできるようになりました。

<予約~当日までのイメージ>
1.ホテルを予約する。
2.渡航前には、予約表を印刷して持参しておくと安心です。
3.前もってホテルにメールで予約の確認する。
4.現地ホテルで予約票(印刷書面)を渡す。

<おすすめ予約サイト>
エクスペディア
 立地、設備等詳細な情報の記載が多い、レビュー数も多い、点数がわかり易いので参考になります。
じゃらん(海外版)
Hotels.com
アップルワールド(Apple World)

<利用のメリット>
・日本語での予約が可能。
・大手旅行会社が運営しているのでホテルの価格・アメニティ・設備などもわかり易い。
<利用のデメリット>
・ほかの宿泊方法に比べると高い

渡航前に以下を忘れないように!
  • 予約確認のメールの印刷
  • ホテルの連絡先電話番号(印刷・メモしておくと便利)
  • ホテル周辺地図・詳細地図(住所)
  • クレジットカード
    デポジット(預り金)のために提示を求められる場合があります。現金の場合もあり。

ツアーの最終日を延泊する場合、前もって添乗員さんに相談すれば、
電話でホテルへ予約がされているかどうか確認してくれる場合もあります。
言葉が不安な場合は、添乗員さんに相談してみましょう。

民泊を利用する

現地の方の自宅の部屋(宿泊用空き部屋)を予約する方法。

<予約~当日までのイメージ>
1.ホテルを予約する。
2.宿泊先の方とメールでのやり取り(英語・イタリア語等)※鍵の受け渡し方法など
旅行先をイメージしながら不明点はすべて前もって確認しておきましょう。
3.数日前には、念のため予約の確認をしておく。
4.現地に直接向い、鍵を確認し部屋に入る。

<おすすめ予約サイト>
AirBnb

<利用のメリット>
・現地ホテルよりリーズナブルに宿泊できる。
・ホテルではない現地のお家にとまった雰囲気が味わえる。
・部屋内にはキッチンや調理器具がついているので自炊も可能。
<利用のデメリット>
・宿泊者の方との連絡は英語/イタリア語(まれに日本語可)になる。
・※宿泊代のほかに清掃代が取られる場合がある。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 現地ホテル・民泊の予約方法

持ち歩き用必見!ガイドブック

ツアーの場合も、ガイドブックを読んでおくと、旅行を何倍も満喫できます。
自由行動が多いツアーの場合は、事前にどこにいくかを計画し、マークしておきましょう。

イタリアガイドブックには、切り離し出来るマップがついているものもあります。
日本語で書かれた切り離しマップは、現地で使えます♪



ツアー旅行向け

写真が多く、イタリアの観光情報が簡単にまとめられていて見やすくなっています。
るるぶ名 るるぶ電子書籍BookLive
ツアーに含まれている所要観光地情報がメインで写真が多く見やすいです。取り外せるマップ付で使いやすい!
イタリアの歩き方 イタリアの歩き方
  (電子書籍BookLive
こちらも写真が多く美味しそうなレストランがいっぱい載っています。

ツアー(自由行動が多い)旅行・自由旅行向け

取り外せるマップがついていたり、公共交通機関の使い方、簡単なイタリア語会話集がついていたり
現地で役立つ情報がたくさん載っています。
るるぶ るるぶ   (電子書籍BookLive
半日・1日観光用のモデルコースも書かれているので計画が立てやすい!見やすい取り外し地図付きです。(私も持って行きました)
地球の歩き方 地球の歩き方
電子書籍BookLive
歴史背景なども細かい情報まで満載のガイドブック。たくさんのお店情報や使える簡単なイタリア語も載っています。(私も持って行きました)
タビトモ タビトモ
観光名所めぐりを前提とした町の歩き方が書かれています。
旅の指さし会話帳 旅の指さし会話帳
電子書籍
レストランや買い物で使える表現がいっぱい。困った時には、本を見て指をさすだけで解決します。

(私も持って行きました)


女性向けの可愛いガイドブック

女性目線で作られた手のひらサイズの可愛いガイドブック。
女性向けの雑貨屋スィーツ、グルメ情報がいっぱいです。

ことりっぷ海外版 イタリア ことりっぷ イタリア
気の利いた雑貨やスイーツなど、レストランも 手頃なお店が紹介されています。(フィレンツェ・ローマ・ミラノヴェネツィア)
ララチッタ ララチッタ
街並を楽しみたい方必見!お勧めのお散歩ルートが多数紹介されています。


フィレンツェでの楽しみ方

初心者でも利用しやすいフィレンツェのリストランテやお店のガイド。
地元の人に愛されるお店なども紹介されています。

フィレンツェ食べ歩き フィレンツェ 通いつめて見つけた「食べ歩き&買い物」案内
料理研究家の方が書かれてたフィレンツェでお勧めのリストランテガイド。(私も次回は持って行きます)
フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅 フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅
フィレンツェ在住の日本人の方のディープな食べ歩きガイドの決定版


ヴェネツィアでの楽しみ方

初心者でも利用しやすいヴェネツィアのグルメやお店のガイド。
迷路のような街並みのヴェネツィアを効率よく案内してくれます。

ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩 ヴェネツィア 世界遺産の水上都市「食べ歩き&買い物」案内
ショッピングから美食まで、路地裏に隠れた地元の人にも愛される名店がセレクトされています。
ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩 ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩
ヴェネツィア流居酒屋といわれるバーカロをめぐる、はじめてのヴェネツィア案内ガイド

イタリア語のちょっとした読みものの本



イタリアの公共機関情報、レストラン情報などは、コロコロ変わると言われています。
最新のガイドブックを持っていても変更になっている可能性もあるそうです。
重要な情報は、念のためホームページなどで確認しておきましょう。
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 持ち歩き用必見!ガイドブック
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
イタリアについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他