イタリア旅行準備に役立つ情報

まるわかり!準備から出発までのTODO

イタリアに行くことは決まったけど、何からすれば・・と言う方必見!

1.リサーチ時期 (イタリアや旅行プランについての情報収集)

まずは、ガイドブックや旅行会社のパンフレットやWebサイトをひたすら調べます。
気になった内容・プランには、付箋やチェックを♪
  • ガイドブック選び、情報収集
    ガイドブックを見て、行きたいところなどをリサーチ。
    ※すでにアマルフィやナポリ行きを検討の方は、「南イタリア」のガイドブックがオススメ。
      イタリアと記載のあるガイドブックは「ミラノ・ヴェネツィア・ローマ」などがメインです。

     [ イタリアの歩き方 ・ まっぷる ・ るるぶ  ・ ことりっぷ ・ ララチッタ ]
  • 旅行プランの計画する
    1.出発時期はいつにする?
    2.日数は?
    3.予算感は?
    4.外せない都市は?見ておきたい観光スポットは?
      ・ローマ、フィレンツェ?ヴェネツィア?など外せない都市をピックアップする。
      ・もしくは他の国の観光の方が気になる?(フランス、スペインなど)
      ・行きたい観光スポット・アクティビティも自由にピックアップする。
      [ セリエA観戦 ・ 美術館鑑賞その他イベントなど ]
      ※可能なら、行きたい都市ごとに希望の観光スポットやしたいことをまとめるような感じで。
       たくさん行きたい所がまとまっている都市が優先度の高い都市になります!

    5.旅行会社のプランを利用する?個人旅行にする?
     ◆ツアーの場合:
      行きたい都市や観光スポット・他の国が含まれたツアーをピックアップしておく。(いくつでも)
     ◆個人旅行の場合:
      行きたい都市(1カ所~複数)の含まれた自由旅行をピックアップしておく。(いくつでも)
      [ H.I.S阪急交通社日本旅行JALツアーJTB近畿日本ツーリスト ]
  • 旅行会社の説明会に参加(希望の方)
    旅行会社のツアーや現地情報満載の説明会に足を運んでみる。
     [ 阪急交通社 ・ 日本旅行 ・ JTB ]
  • イタリア語の勉強 (現地でコミュニケーションを楽しみたい方)
    簡単なイタリア語を勉強しておくとより楽しめるかも!
    旅の指さし会話帳

2.準備

<必須>
  • お仕事や学校などの休暇調整
  • パスポートの取得、残存期間の確認
    (出国時90日以上の残期間が必要)※発行までに1週間ほどかかる
    早めに取得や確認の方が安心です。
  • <旅行会社のプランを利用する場合)>
    -旅行会社の決定、ツアーの決定、予約する
      ◎旅行会社:H.I.S阪急交通社日本旅行JALツアーJTB近畿日本ツーリスト
      ◎WEB限定プラン/タイムセール等:H.I.S近畿日本ツーリスト
  • <個人旅行にする場合>
    -航空会社やホテル、移動手段の予約
     ExpediaHotelTravel.com
  • クレジットカードの作成 (持っていたら安心)
    持っている人は、利用可能金額枠と残高の確認。利用可能額が小さい場合は金額を変更する。
    海外の場合は、VISAが幅広く利用可能です。
    ※発行までに1ヶ月ほどかかる場合があるので早めに。
    -海外旅行保障付カード(旅行費用をカード払いとした場合に付帯)
     楽天カード(VISA)JALカード(マイルが貯まる)三井住友VISAカード
<各自のペースで>
  • 利用する航空会社の荷物容量制限の確認
    荷物の個数、何キロまで可能かどうか。
  • スーツケースや手持ちカバン等の準備
  • 準備物をリストアップする。必要なものを購入する。
  • スーツケースにパッキング、重さをはかる
  • 行きたいお店や観光名所のピックアップをする
    行きたい都市ごとに行きたいお店住所のメモと地図に書き込んでおくと分かりやすい。
  • 買いたいものや食べたいもののピックアップをする
    買いたいもの、食べたいものが英語/イタリア語でなんというかも念のため確認を。
  • 自由行動の場合、自由行動プラン考える。
    半日や1日のプランを。
  • お土産リストの整理(誰に買うか)、現地でどれ位を買うかを考える
    買い忘れのないようにリストアップ。現地で買う量が多すぎる場合は、持ち帰り方を考えてみる。
  • 事前に買っておく場合は、事前購入でお土産を検討する
    事前購入も色々あるので、出発までに考えておくと旅行を目いっぱい楽しめます。
     世界のおみやげ屋さん(JTB)世界のおみやげショップギフトランド
  • 持って行く金額を考える。(いくら分両替する?)

<必要時>

3.直前

<各自のペースで>
  • お土産リストの整理、事前購入
  • 空港までの行き方や時間を確認
    車の場合には、駐車場や、混雑状況を予測した出発、
    電車の場合は、遅延した場合を想定して余裕をもって出発を。
  • お金の両替(事前に/空港にて)
    空港にて両替の場合は、両替場所の確認、両替が混んでいる場合を想定して余裕を
  • 行程表をみて、集合時間やチェックイン・搭乗時間などを確認
  • 個人で予約したものの予約を確認しておく
    ホテル、美術館などの予約内容や印刷など。
  • 荷物の最終確認、重さを測る

<必要時>

<自宅>
  • 新聞を止める
  • 家族に緊急連絡先・海外保険証書を渡しておく

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - まるわかり!準備から出発までのTODO

ツアーにサッカー観戦等を組合せ

セリエAゲーム イメージ セリエAを観戦したい!
オペラやその時のイベントを組み合わせたい!
その場合、その都市、その日・時間帯に
自由行動があるツアーを選択するという方法もあります。


<注意>
※セリエAの開催は、9月から翌年5月末位までとなります。
※サッカーの開催は、急遽開催日が変更になることもあります。
※詳細の開始時期・終了時期は、別途ホームページなどで確認が必要です。



セリエAを観戦したい場合のツアー選択方法

  • 観戦したいスタジアムを選択する
    (例)ミラノ サン・シーロスタジアムで見たい!
  • サッカーの試合の開催日・開催時間を調べる
    (例)開催日に、開催時間帯に(サン・シーロスタジアムのある場所)ミラノで半日・1日の
    自由行動日があるツアーを探します。
    (例)開催日に、ローマで1日自由行動があるツアーを探します。
  • 出発日を逆算し、旅行会社に該当ツアーの空き状況を確認します。

セリエAのチケットの手配方法

日本で購入しておく方法と、現地で購入する方法の2種類があります。

<日本からチケットをとる場合>
人気のある試合の場合は、手数料がかかりますが販売店を通して事前購入がお勧めです。 ※セリエAのチケット事前購入では、2012年秋のゲームから
購入者全員のパスポートのコピーの提出が必須となったようです。
(現地でのチケット購入でも同じくパスポートの提出を求められます。)

<現地で購入する>
試合開始前に余裕を持ってスタジアムに向かいましょう。


その他自由行動に楽しめるイベントオプションの手配方法



自由行動日程がよく含まれているツアー

以下の旅行会社では、ミラノで半日自由行動があるツアーを良く見かけました。


体験談

私の場合、ミラノ サンシーロスタジアムで行われるセリエAの試合日を逆算して
セリエA開催日にミラノで自由行動があるツアーを、近畿日本ツーリストさんのツアーで見つけました。

同じツアーの中には、同様にミラノでセリエA観戦を予定しているグループが
私たち以外に3組いました。ほとんどの方がチケットを日本で事前購入していました。
(私の場合は、席にこだわりが無かったので、現地購入ですが、周りの方はいい席でした。)
最終日のローマを1泊延泊して、ローマでの試合を観た方もいました。

添乗員さんもサッカーファンの方の場合、観戦とあわせて計画されるお客さんが多いですと
言われていました。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ツアーにサッカー観戦等を組合せ

初海外・初イタリアの方に♪

コロッセオ 卒業旅行、1人旅、新婚旅行など初めての海外や初めてのイタリアの方に。 海外旅行はとても楽しいですが、日本ではない文化や価値観に危険を伴うもの。 気をつけて頂きたい点をまとめてみました。

<ツアーの選び方>
  • 英語もイタリア語も全く話せない場合は、添乗員付きツアーがお勧め
    卒業旅行や新婚旅行、まずは楽しく旅行し無事帰国することが一番です。
    添乗員付きでも自由行動が多いツアーもあります。
    フリープランの場合には、オプションで任せられる部分は任せた方が安心です。
    特に、到着時の現地空港からホテルへの送迎はオプション予約がオススメ。
    長時間のフライト後に大きな荷物を持って迷ったり交通手段を探すのは
    狙われやすくなります。自らタクシーで運んであげると寄ってきたり
    親切に教えてくれる人は、警戒が必要です。
  • 言葉が不安なフリープランの場合、ホテル・オプション予約は日本語のサイトで。
    現地でトラブルがあった時に、きちんと話ができることが大切です。
    旅行前には、万が一の連絡先もメモしておきましょう。
  • 妊娠中の海外旅行は控えておいた方がよいかも。
    安定期に入り医師の診断のもとだと良いとされていますが、
    母体のことを考えると控えておいた方が良いと思います。
    長時間のフライトやバス移動・石畳の街歩きでの疲れ、病気をもらう可能性もあります。

<町歩き>
  • 無防備に歩かない。
    貴重品は、必ず服の中のセキュリティポーチに。
    男性がズボンのポケットやリュックにお財布を入れること。確実に取られます。
    スリや置き引きをする人たちが常に狙っていることを忘れずに。
    歩きスマホも隙をつくります。手荷物に気を付けながら立ち止まり確認しましょう。
  • 落書きや路上駐車、落ちているゴミが多い。
    TV番組やガイドブックの観光案内には綺麗な所しか映っていませんが
    有名な観光スポットが実は汚いと言うこともあります。
    屋内でのタバコがダメで外では大丈夫なのでポイ捨ても多いです。
    ちょっとガッカリする所もあるかもしれません。
  • 無料で親切やサービスをしてくれることはない。
    例えば、歴史的な仮装をした人と写真を勝手にや一緒に撮るだけでも、チップを求められます。
    ニコニコして近寄って来てしらない間に、腕にミサンガをくくられることで
    高い値段を言われることもあります。
    小さい子供や女性、赤ちゃんを抱っこした女性など風貌、年齢は関係ありません。
    何かした後・されてしまった後で「知らない」「いらない」はできません。
    ボッタクリは普通にあり、しかも高額です。
    何かする時、値段が分からない時には、必ず料金の確認を。
    (写真を撮る前やレストランのメニューが書いていない時なども。)
    ※メニューに値段が書いていないレストランはお勧めしません。
    何かされそうになった時には、「NO!(ノー)」と強く否定の態度を。
  • 夜はなるべく出歩かない。
    男性でも夜は狙われやすくなります。
    落書きが多い、壊れたまま放置されている建物の周辺を歩くのは危険です。
    荷物をしっかり持って集団や何か気配を感じたら、すぐ逃げること。
    歩いて帰るではなく、既定のタクシー乗り場からタクシーの利用が安全です。
    夜遅くなる場合には、昼間にタクシー乗り場を確認して道に迷うことがないように。
    (流しのタクシーはボッタクリにあったり危害を加えられる可能性があります。)
<持ち物>
  • クレジットカードと薬は必ず!
    お金の心配がないように、1枚は持っておくのをお勧めします。
    帰国後には、かならずクレジットカード利用明細の確認を。
    不正な利用があった場合には、すぐカード会社に連絡しましょう。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 初海外・初イタリアの方に♪

卒業旅行にお勧めのパックツアーは?

バチカン市国にて 学生さん向けのプランを出している旅行会社、
リーズナブルな価格帯を選んでみました。
旅行会社で組まれている卒業旅行という名前の
パックツアーは、学生さん対象なので、
ツアー参加者は学生ばかり
です。

海外はちょっと不安・・という学生さん向け

添乗員さん付き学生旅行、卒業旅行向けの特別企画や割引もあります。
もちろん、グループやサークル、6人~10人といった大人数もOK。

自分たちだけで自由な旅行をしたい!という学生さん向け

こちらは、ホテル+航空券のみのパック。観光コースは自分たちで計画。
語学を試したい!冒険してみたい場合にオススメです。
  • Tトラベル
    早期割引、グループ割引、Tポイントもたまってお得!
  • H.I.S(Ciao)
  • 日本旅行
  • JALパック
    JALパックは、複数都市滞在のプランが多く、
    都市によっては半日観光+都市間の移動は電車で自由度が高くてオススメ。
自由旅行の場合は、「自由旅行準備のチェック項目!」もチェック!


学生ばかりはちょっと・・という場合は、少し値段が上がるけど、『阪急交通社』のツアーもオススメ。
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 卒業旅行にお勧めのパックツアーは?

お金の準備・両替方法

日本円からユーロへ、どこで両替する?

日本での両替は紙幣のみ 出国前までに、ユーロに両替しておきましょう。
両替は、銀行、大きな旅行会社、空港で両替をすることができます。 両替は、レートが良い日に両替するとお得♪
両替レートとは、1ユーロ、日本円いくらで買えるかです。

本日の1ユーロの価格(日本円) 両替所が近所にない!という場合も大丈夫。空港にあります。 ただ、出発日当日は、両替所に両替を待つ長蛇の列ができている場合があります。
両替をする場合は、時間に余裕を持って行きましょう。

両替は、空港内より、空港から離れた所にある両替所(空港の駅近くなど)の方が換金率が良いです。

外貨両替を扱うお店

お勧め両替方法

50ユーロや100ユーロは、小さいお店では受け付けてくれない場合があります。
お店によっては、高額紙幣は偽札チェックのため使用に時間がかかることもあります。
可能であれば、100ユーロ以外の紙幣での交換がお勧めです。(10~20ユーロなど)
日本の両替所では、硬貨への換金はなく、紙幣だけの両替です。

硬貨が欲しい場合は、現地到着後、空港で何かを購入するとお釣りで硬貨を作れます。
100ユーロや50ユーロの高額の紙幣持っている場合も空港で100ユーロを使って
お釣りをもらい細かいお金にしておいた方が後々使いやすくなります。

(ベッドチップやポーターさんチップ、トイレチップ用に使う場合は、ぜひ!)

イタリア到着後、日本円を持参の場合、現地の空港・両替所・大きなホテルでもユーロに両替できます。
観光地で歩いていると必ず何軒かを見かけます。日本と同じように電子掲示板にレートの記載があります。
ただ、日本で両替するより換金率は悪くなります。
使うと分かっている場合には、日本での両替をお勧めします。


換金率が悪いというのは、例として下のようなイメージです。
1ユーロ=130円の場合、いくらで換金してくれるかというと・・
日本での換金→134円
イタリア両替所→142円
イタリアのホテル→152円



現金?T/C(トラベラーズチェック)?クレジットカード?

<現金>
イタリア現地で、一番使いやすい両替方法は、現金になります。
両替後、どのお店でもそのまま使用できます。
オランダやフランスなどの乗継空港でもユーロの現金は、そのまま使えます。

スリや盗難対策として、財布の中に全額入れるのではなく、
何箇所かに分けて保管しておくと安全かもしれません。

<クレジットカード>
観光地や都市のお店ではクレジットカードも使いやすくなっています。
クレジットカードの利用は、セキュリティ上サインではなく 暗唱番号を求められることが多くなってます。
暗唱番号の分かるカードを持参しましょう。
※旅行後は、スキミング等で不正使用を早めに発見するため必ず利用明細を確認してください。


お金が足りなくなった時のためには、クレジットカードを1枚持っていると安心です。
旅行前に利用限度額の確認も忘れずに!
よくあるのが、旅行料金の支払いで、利用限度額までの金額がギリギリになっていること。
一時的に限度額の引き上げにも注意しましょう!


イタリアでは、小さなお店ではクレジットカードに対応していないお店も多いので、
全てをクレジットカードでの支払いにすると買い物ができない場合もあります。


<手数料イメージ>
クレジットカードの利用の場合、決済された時点の交換レートに
カード会社の所定の事務手数料を加えたものが適用されます。
事務取扱手数料は、VISA・Master・JCB それぞれ1.63%ほど加算されます。
(クレジットカード会社のホームページで確認が必要です)

(購入例)1ユーロを買う場合
◆通常レート:1ユーロ=133.35円の日
----------------------------------------------------
1ユーロ(現金購入の場合) 135.88円
1ユーロ(クレジットカード払の場合)135.52円(レート+1.63%の額)
----------------------------------------------------


最近は、1ユーロの価格の変動が激しくなっていますが、
もし、1ユーロが安く両替できるなら、クレジットカードを支払いするよりオトクになります。
(レートが1ユーロ=133円の所が、クレジットカードの支払い時には、1ユーロ=136円かもしれないので)

余ったユーロの使い道

ユーロが余った場合、日本へ戻ってきた時に空港の両替所で売ることもできます。
ユーロから日本円に戻すのは、紙幣のみ対応しています。(コインは換金できません)
コインは、日本でも使用できないため、帰国前の現地の空港で使ってしまうのが賢い方法です。


多めにユーロを持って行って、余った紙幣を売る もしくは
ある程度のユーロで足りなくなったら購入する(不足をクレジットカードで払う)
どちらのパターンもあります。

帰国到着後の空港には、ユニセフの募金箱があるので、旅行の予定が無い場合、コインの募金もOK。


私の場合は、少し多めに持って行きました。
余ったら売ろうと思っていたけど、予想外に欲しいものや食べたい物があって
贅沢にお金を使ってしまいましたが、お金が足りなくなる心配がなくて良かったです。
やはり少しお金が残りましたがイタリアの空港を出国時に、小銭でドリンクとお菓子を買って、
73セントを残しました。紙幣は換金しました。


海外専用プリペイドカートとは?

クレジットカードは作れないけど・・と言う方には、
銀行口座を作らずVISA加盟店ではクレジットカードのように支払ったり
VISAやplusのマーク等のあるATMで現地通貨を引き出せる海外専用プリペイドカードもあります。
レートは、日本円からユーロへの両替よりお得になってます。

その他の使える情報

このマークのあるATMで。 新生銀行楽天銀行に口座を持っている場合は、
キャッシュカードに海外でも利用できるインターナショナルキャッシュサービスが付属しています。

現地にある銀行ATMからユーロが引き出せます。銀行ATMは空港や街中心部にあります。
ATMには、 VISAマーク・PLUSマークのあり、現地通貨による預金の引出ができます。
(引き出した金額はユーロを円換算し、日本円で引き落としたことになります。)
もしフリープランでお金が足りるかどうか心配な方は、
これらのキャッシュカードを一枚持っているだけでも安心かも。
(引き出し手数料は1回あたりにかかるようです。)


>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お金の準備・両替方法
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
イタリアについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他