イタリア旅行準備に役立つ情報

お金の準備・両替方法

日本円からユーロへ、どこで両替する?

日本での両替は紙幣のみ 出国前までに、ユーロに両替しておきましょう。
両替は、銀行、大きな旅行会社、空港で両替をすることができます。 両替は、レートが良い日に両替するとお得♪
両替レートとは、1ユーロ、日本円いくらで買えるかです。

本日の1ユーロの価格(日本円) 両替所が近所にない!という場合も大丈夫。空港にあります。 ただ、出発日当日は、両替所に両替を待つ長蛇の列ができている場合があります。
両替をする場合は、時間に余裕を持って行きましょう。

両替は、空港内より、空港から離れた所にある両替所(空港の駅近くなど)の方が換金率が良いです。

外貨両替を扱うお店

お勧め両替方法

50ユーロや100ユーロは、小さいお店では受け付けてくれない場合があります。
お店によっては、高額紙幣は偽札チェックのため使用に時間がかかることもあります。
可能であれば、100ユーロ以外の紙幣での交換がお勧めです。(10~20ユーロなど)
日本の両替所では、硬貨への換金はなく、紙幣だけの両替です。

硬貨が欲しい場合は、現地到着後、空港で何かを購入するとお釣りで硬貨を作れます。
100ユーロや50ユーロの高額の紙幣持っている場合も空港で100ユーロを使って
お釣りをもらい細かいお金にしておいた方が後々使いやすくなります。

(ベッドチップやポーターさんチップ、トイレチップ用に使う場合は、ぜひ!)

イタリア到着後、日本円を持参の場合、現地の空港・両替所・大きなホテルでもユーロに両替できます。
観光地で歩いていると必ず何軒かを見かけます。日本と同じように電子掲示板にレートの記載があります。
ただ、日本で両替するより換金率は悪くなります。
使うと分かっている場合には、日本での両替をお勧めします。


換金率が悪いというのは、例として下のようなイメージです。
1ユーロ=130円の場合、いくらで換金してくれるかというと・・
日本での換金→134円
イタリア両替所→142円
イタリアのホテル→152円



現金?T/C(トラベラーズチェック)?クレジットカード?

<現金>
イタリア現地で、一番使いやすい両替方法は、現金になります。
両替後、どのお店でもそのまま使用できます。
オランダやフランスなどの乗継空港でもユーロの現金は、そのまま使えます。

スリや盗難対策として、財布の中に全額入れるのではなく、
何箇所かに分けて保管しておくと安全かもしれません。

<クレジットカード>
観光地や都市のお店ではクレジットカードも使いやすくなっています。
クレジットカードの利用は、セキュリティ上サインではなく 暗唱番号を求められることが多くなってます。
暗唱番号の分かるカードを持参しましょう。
※旅行後は、スキミング等で不正使用を早めに発見するため必ず利用明細を確認してください。


お金が足りなくなった時のためには、クレジットカードを1枚持っていると安心です。
旅行前に利用限度額の確認も忘れずに!
よくあるのが、旅行料金の支払いで、利用限度額までの金額がギリギリになっていること。
一時的に限度額の引き上げにも注意しましょう!


イタリアでは、小さなお店ではクレジットカードに対応していないお店も多いので、
全てをクレジットカードでの支払いにすると買い物ができない場合もあります。


<手数料イメージ>
クレジットカードの利用の場合、決済された時点の交換レートに
カード会社の所定の事務手数料を加えたものが適用されます。
事務取扱手数料は、VISA・Master・JCB それぞれ1.63%ほど加算されます。
(クレジットカード会社のホームページで確認が必要です)

(購入例)1ユーロを買う場合
◆通常レート:1ユーロ=133.35円の日
----------------------------------------------------
1ユーロ(現金購入の場合) 135.88円
1ユーロ(クレジットカード払の場合)135.52円(レート+1.63%の額)
----------------------------------------------------


最近は、1ユーロの価格の変動が激しくなっていますが、
もし、1ユーロが安く両替できるなら、クレジットカードを支払いするよりオトクになります。
(レートが1ユーロ=133円の所が、クレジットカードの支払い時には、1ユーロ=136円かもしれないので)

余ったユーロの使い道

ユーロが余った場合、日本へ戻ってきた時に空港の両替所で売ることもできます。
ユーロから日本円に戻すのは、紙幣のみ対応しています。(コインは換金できません)
コインは、日本でも使用できないため、帰国前の現地の空港で使ってしまうのが賢い方法です。


多めにユーロを持って行って、余った紙幣を売る もしくは
ある程度のユーロで足りなくなったら購入する(不足をクレジットカードで払う)
どちらのパターンもあります。

帰国到着後の空港には、ユニセフの募金箱があるので、旅行の予定が無い場合、コインの募金もOK。


私の場合は、少し多めに持って行きました。
余ったら売ろうと思っていたけど、予想外に欲しいものや食べたい物があって
贅沢にお金を使ってしまいましたが、お金が足りなくなる心配がなくて良かったです。
やはり少しお金が残りましたがイタリアの空港を出国時に、小銭でドリンクとお菓子を買って、
73セントを残しました。紙幣は換金しました。


海外専用プリペイドカートとは?

クレジットカードは作れないけど・・と言う方には、
銀行口座を作らずVISA加盟店ではクレジットカードのように支払ったり
VISAやplusのマーク等のあるATMで現地通貨を引き出せる海外専用プリペイドカードもあります。
レートは、日本円からユーロへの両替よりお得になってます。

その他の使える情報

このマークのあるATMで。 新生銀行楽天銀行に口座を持っている場合は、
キャッシュカードに海外でも利用できるインターナショナルキャッシュサービスが付属しています。

現地にある銀行ATMからユーロが引き出せます。銀行ATMは空港や街中心部にあります。
ATMには、 VISAマーク・PLUSマークのあり、現地通貨による預金の引出ができます。
(引き出した金額はユーロを円換算し、日本円で引き落としたことになります。)
もしフリープランでお金が足りるかどうか心配な方は、
これらのキャッシュカードを一枚持っているだけでも安心かも。
(引き出し手数料は1回あたりにかかるようです。)


>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お金の準備・両替方法

スマホ(Android等)を利用する方法


海外で携帯を使うには、各キャリアによって
事前手続きや現地での設定が必要です。
海外での通信を伴うアプリやインターネット・電話の利用は、
高額請求となります。

帰国後にビックリしないよう事前に確認しておきましょう。

海外でのインターネット方法


(1)携帯会社のパケット定額サービスを利用する。
イタリアで観光中にインターネットを使いたい方には「海外パケット定額サービス」があります。
ソフトバンクの場合、1日約0円~1980円、それ以上の定額の場合は2980円です。
※定額サービスの1日という換算方法は、日本時間の場合になります。
 時差がある場合、利用時間が日本の0時を回ると2日分の換算となります。
※各キャリアではパケット定額サービスの定額対象事業者が指定されています。
 現地でiPhoneに事業者の選択設定が必要です。事前に対象事業者を確認しておきましょう。

 スマホでインターネットをする設定方法はページ下にて紹介しています。
<海外パケット定額サービス> <海外で電話・メールなどを使う方法> スマホから日本への電話のかけ方なども紹介されています。
(2)空港・街中のwifiを利用する。
wifi機能をオンにしていると、携帯電話が勝手にwifiを拾います。
有料・無料、店舗により異なります。
店員さんに聞くと接続用のID、パスワードをもらい入力して接続するとつながるようになります。
※ツアーや各自でホテルを予約の場合は、事前にwifiが利用できるか
確認しておいてもよいかもしれません。
(3)wifiルーターレンタルをする
「海外パケット定額サービス」を利用しなくてもインターネットをすることもできます。
1日いくらという料金でレンタル可能で手のひらにおさまるサイズの機器です。
主要空港でレンタル申込みが可能です。
※返却方法(空港返却・郵送等)により返却の料金が異なりますのでご注意ください。

現地でwifiルータをスマホをWi-Fi接続すると、いつでもどこでもインターネットに接続できます。
wifiルータがあればデータ通信料は無料。バッテリーの持ち時間は確認が必要です。

充電に必要なもの・充電方法は?


<NTT docomo>
NTTドコモでは充電についてサイトに記載があります。
日本で使っている充電器+変換プラグ(Cタイプ)で充電できます。
<au>
  • 共通ACアダプタ02
    ※アダプタ01は国内用、アダプタ02は海外用で100~240V対応です。
  • 変換プラグ(日本のコンセント形状→イタリアの形状に変換するプラグ)(楽天amazon
<Softbank>
<全キャリア>
キャリアの充電器を使わない場合、モバイルバッテリーを使うこともできます。
バッテリーにより異なりますが、2~3回分フル充電できます。
日本からバッテリーをフルにして持参して充電したり、
変換プラグ・変圧器がある場合、イタリアでも利用できます。
  • 変換プラグ(日本のコンセント形状→イタリアの形状に変換するプラグ)(楽天amazon
  • モバイルバッテリー(楽天amazon
    携帯・ipad・wifiルーターなど色々な機器の充電ができます。(海外・日本ともに利用可)


携帯を海外で利用する時の設定方法

各キャリアで海外利用時の設定方法が案内されています。
pdfファイルで公開されているものについては、
出国前に印刷して持参もしくはスマートフォンに入れておくと便利です。

<NTT docomo>
<softbank>
<au>
<アプリだけを利用するので他の事は全く利用しない>
電話、メール、ネットができなります。(自動接続の課金が防げます)
(設定方法)「設定」→「一般」→「機内モード」を「オン」にする。


海外充電無料サービス

各キャリアでは海外でのケータイの無料充電サービスがあるようです。
※一部対応していない機種の可能性もあります。

その他の注意

スマートフォンを使って街歩きをしていると注意散漫に見え スリに狙われやすくなります。
観光中に利用する方、スリにはくれぐれもご注意を。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スマホ(Android等)を利用する方法

出発日の数日前の最終チェック!

出発数日前!当日焦らないためにも、再度確認しておきましょう。

  • 外務省 海外安全渡航ページを確認する
    欧州(イタリア等)に危険情報がでていないかを確認
    たびレジ(いざというときに受信できる緊急情報)のメールアドレス登録
  • スーツケースの重量を測る。重量制限の確認
    スーツケースを手に持ち体重計に乗ります。
    自分の体重を引けば、スーツケースの重量として計算の目安になります。
  • ツアーの場合、集合場所・集合時間の確認
    何時間前に集合か、遅れないように確認を。
  • 自由旅行の場合、チェックイン・搭乗時間の確認
    何時間前までに搭乗手続きと決まっている場合、時間を過ぎると搭乗ができません。
  • 空港までの行き方、乗換時間などの確認
    スーツケースを持っていく場合、余裕を持った時間配分を。
    車で行く場合は、駐車場の確認も。
  • 日本円をユーロに両替(空港でする場合は、両替所の場所をチェック)
  • 国際電話の掛け方
    時差確認表にも国際電話の掛け方を記載しています。
    携帯から書ける場合は、携帯からの国際電話方法・料金の確認を。
  • ホテルを予約した場合は、ホテルの予約確認
    予約の記録がある場合は、印刷物も忘れずに。
  • 美術館など施設予約をした場合は、予約番号・予約
    予約の記録がある場合は、印刷物も忘れずに。
  • 海外旅行保険の連絡先、内容確認
  • クレジットカードの利用額の引き上げが必要な場合は、連絡(必要な場合)
    旅行代金に支払っている場合、現地で利用できる金額がわずかしかない場合があります。
  • 新聞を取っている場合は、新聞を止める手配(必要な場合)
    留守中に玄関に新聞が貯まると、不在と分かり狙われる可能性もあります。
  • 家族に緊急連絡先・海外保険証書を渡しておく(必要な場合)
    ツアーの場合は、予備行程表、搭乗飛行機、海外保険証書のコピーや
    現地での連絡先を渡しておくと、万が一の時に、連絡が取れやすくなります。
  • DSやPSP Vita/Portableを持参する方は確認を。
    機内でDSを使用する場合の注意(任天堂サイト)
    機内でPSPを使用する場合の注意(Sonyサイト)
  • 携帯、スマホのバックアップを取っておく
    旅行中、携帯、スマホの紛失・故障やスリにあい取られる可能性もあります。
    大切なデータ、連絡先が入っている場合は、念のためPCや外部メディアにバックアップを。
  • (レンタカーを使用する場合)国際免許が入っているか。
  • (レンタカーを使用する場合)レンタカーの予約書

手荷物カバンは何を入れておくの?

出発時には、セキュリティポーチにパスポートを入れておく必要はありません。
空港で見せることが多いため、手荷物の取り出しやすい場所に入れておいても便利です。
  • パスポート
  • 財布
  • 航空券(各種チケット)
  • 旅行会社配布のツアー内容が記載されたハンドブック(ツアーの場合)
  • ツアーガイドブック(どちらでも可能です。飛行機の中で見ておきたい場合)
  • 時計
  • 常備薬(必要な場合、酔い止め・目薬など)
  • エア枕・スリッパなど(機内で必要な場合)
  • 海外旅行保険証書(コピー可能:万が一の時の連絡先確認用)
  • 下着・簡単な着替え一式
    万が一、スーツケースが現地に届かなかった場合のため持っていると安心です。
※手荷物に、ハサミや眉カッターなどの刃物を入れていると空港で没収されます。
  持参する場合は、スーツケースに入れておきましょう。
※液体は、ナイロン袋に入れておきましょう。

スーツケースの中身が不安な場合は、もう一度、準備リストのページをチェック!
素敵なイタリア旅行を!!いってらっしゃい!!
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 出発日の数日前の最終チェック!

ホテルでwifiを利用する方法

Wifiスポットのマーク
(ツアーの場合)
工程表が届いたらそのホテルがwifi利用可能なのか、
有料か無料か等を確認しておきましょう。
分からない場合は、旅行会社に確認しておいても安心です。
  • Hotels.com
  • Expedia
    どちらも無線インターネット(有料・無料)の記載があり確認できます。

  • ※もしwifiがない場合は、ホテルではインターネットはできないため、
    旅行中、頻繁にインターネットをしたい方は、海外wifiルータのレンタルがお勧めです。

    (フリープランの場合)
    ホテルを選択の時に、wifiの利用が可能か、有料か無料なのか確認して予約できます。

    ホテルでのwifi利用について

    無料でwifiが利用できるホテルの場合、チェックイン時にwifiに関する案内をもらえます。
    部屋のカードキーケースに記載してあったり付属の用紙として渡されます。
    合わせて、英語や日本語での接続方法を記載した用紙ももらえます。
    もしチェックイン時に何も渡されない場合は、フロントに確認しましょう。

    Wifiが有料の場合は、ホテルのフロントに英語かイタリア語で「Wifiを使いたい」と伝えましょう。

    (注意)
    無料で利用可とあっても、IDとパスワードがかかっている場合があります。
    ・有料の場合は、金額が高い場合もあるので、事前に料金の確認を。(1時間いくら等)
    ・各部屋のWifi利用は有料でも、ホテルのロビーや共用スペース、
     併設カフェでの利用は無料と言う所もあります。
    ・無料のwifiとなっていても、ロビーや共用スペースでは快適に利用できますが、
     各部屋になると繋がりにくいという場合もあります。
     ※もし部屋で繋がりにくい・繋がらない場合は、共用スペースでも試してみましょう。
    ・日本で使っている速度と同じ程の速度ではなく、スピードは遅い場合もあります。
    ・無料のwifiは、どこからでも読み取られる可能性も考えられるため
     重要なデータのやり取りは避けたほうがよいかもしれません。(検索などは全く問題ないです)

    wifiについて確認するための英語

    英語が難しい場合は、文章を書いたメモやノートを用意しておき、見せても大丈夫です。
    ホテルが何箇所にわたっても、同じものを利用できます。
    (英語) ※Wifiは、ワイファイの発音でOKです。
    Where can I use wi-fi?
    ⇒どこでWIfiが使えますか?
    Do you have wi-fi here?
    Can I use wi-fi here?

    ⇒ここでWifiを使えますか?
    Is it for free?、How much?
    ⇒無料ですか?いくら?
    May I have a password?
    ⇒パスワードを教えてもらえますか?


    ホテルでのWifiが有料の場合、1時間あたりの金額によりますが
    合計3~10ユーロ(もしくはそれ以上)かかる場合もあります。
    ※wifiの速度が遅い場合は、思ったほど時間として使えない場合もあります。

    事前にWifiの料金が確認し高額の場合は、移動中どこでも使えたり、
    ID・パスワードを何度も確認しなくてもよいというような用途も含むと
    海外Wifiルータの方が便利かもしれません。

    (料金例)※どちらも空港受取、保証は最低限の場合
    グローバルWIFIの場合、8日間で12,700円程度
    エクスモバイルWifiの場合、8日間で7,000円程度となります。


>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ホテルでwifiを利用する方法

自由行動+観光はオプションで

真実の口(ローマ) ずっとツアーには参加したくない・・。
自由に旅行をしたいけど、
少しは観光案内もしてほしいなぁという場合は、
旅行会社の現地オプションを利用しましょう。



現地ツアーの申し込み方法

  • インターネットから現地のオプションツアーを取り扱う会社へ申込
  • 日本の大手旅行会社でオプションのみ申込
当日の集合時間に現地の集合場所に参加でOK♪
青の洞窟だけ参加したい、ピサへの半日観光、ローマの1日フリーの日の観光をお願いしたいなど
色々なパターンでオプションを組むことができます。

オプションツアーには、午前中だけの半日観光や夜景ツアーもあるので、
オプション+自分たちでの自由行動を組み合わせることでも、時間がうまく使えます。


私は、VERTRA(ベルトラ)のローマで夜景スポットめぐりのツアーを見ました。
(昼間に見る景色とは違う観光スポットを見たかったから)
夜に離れている有名観光スポットへの移動に時間もかかるけど、
バスで連れて行ってくれるのは安全で、良いと思います♪
予定的に頼めませんでしたが、同じ、VERTRA(ベルトラ)
「ヴァチカン博物館 最後の審判 システィーナ礼拝堂」も行ってみたかったです!!

おすすめ現地オプションツアー



自由旅行でレンタカーを利用する際の注意点

現地でレンタカーを借りて運転する場合は、日本で「国際運転免許書」の取得が
必要です。旅行前に必ず取得して免許を持参しておきましょう。




イタリアの空港からホテルへの送迎もオプションで可能

空港からホテルまでの移動手段が不安な場合、チャーター空港送迎サービスもあります。
利用便の到着時刻にあわせて空港からホテルまで送迎してくれます。

オプションツアーを利用しなくても行ける?

サン・ピエトロ大聖堂 <美術館や施設の観光>
美術館や施設にはオプションツアーを利用しなくても自分で行くこともできます。 ただ、現地でそのまま入場する場合、チケット購入に長蛇の列の可能性があります。 行きたい美術館や施設のホームページを確認し 事前にチケット予約や購入ができるかどうか確認しておきましょう。


美術館の観光オプションツアーは、現地ガイドさんが「主に見ておいた方が良い作品」に対して案内と 解説をしながらスイスイ進んでいくようなイメージです。
時間が限られているので、 全部の絵をゆっくり見ると言うわけではありません。

ただ絶対押さえておくべき絵画や彫刻などは効率よく案内してもらえます。
フリーでの入場の場合、広い館内で、迷ってしまったり目当ての物を探したりすることで
予想以上の時間がかかることがあります。


何を見たいのか、大体の場所が分かる場合はどの辺りにあるのか、
どういうルートでいくのかを少し考えておくとよいかもしれません。

<空港からホテルへ>
空港からホテルへも公共機関やタクシーを利用して自分で行くことができます。
到着時間によりますが、危険ではない方法を確認しておきましょう。

公共機関は時間どおりに来ないこともあります。
時間に来ないからと言って焦らず、時間に余裕を持って行動を。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自由行動+観光はオプションで
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
イタリアについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他