イタリア旅行準備に役立つ情報

出発日の数日前の最終チェック!

出発数日前!当日焦らないためにも、再度確認しておきましょう。

  • 外務省 海外安全渡航ページを確認する
    欧州(イタリア等)に危険情報がでていないかを確認
    たびレジ(いざというときに受信できる緊急情報)のメールアドレス登録
  • スーツケースの重量を測る。重量制限の確認
    スーツケースを手に持ち体重計に乗ります。
    自分の体重を引けば、スーツケースの重量として計算の目安になります。
  • ツアーの場合、集合場所・集合時間の確認
    何時間前に集合か、遅れないように確認を。
  • 自由旅行の場合、チェックイン・搭乗時間の確認
    何時間前までに搭乗手続きと決まっている場合、時間を過ぎると搭乗ができません。
  • 空港までの行き方、乗換時間などの確認
    スーツケースを持っていく場合、余裕を持った時間配分を。
    車で行く場合は、駐車場の確認も。
  • 日本円をユーロに両替(空港でする場合は、両替所の場所をチェック)
  • 国際電話の掛け方
    時差確認表にも国際電話の掛け方を記載しています。
    携帯から書ける場合は、携帯からの国際電話方法・料金の確認を。
  • ホテルを予約した場合は、ホテルの予約確認
    予約の記録がある場合は、印刷物も忘れずに。
  • 美術館など施設予約をした場合は、予約番号・予約
    予約の記録がある場合は、印刷物も忘れずに。
  • 海外旅行保険の連絡先、内容確認
  • クレジットカードの利用額の引き上げが必要な場合は、連絡(必要な場合)
    旅行代金に支払っている場合、現地で利用できる金額がわずかしかない場合があります。
  • 新聞を取っている場合は、新聞を止める手配(必要な場合)
    留守中に玄関に新聞が貯まると、不在と分かり狙われる可能性もあります。
  • 家族に緊急連絡先・海外保険証書を渡しておく(必要な場合)
    ツアーの場合は、予備行程表、搭乗飛行機、海外保険証書のコピーや
    現地での連絡先を渡しておくと、万が一の時に、連絡が取れやすくなります。
  • DSやPSP Vita/Portableを持参する方は確認を。
    機内でDSを使用する場合の注意(任天堂サイト)
    機内でPSPを使用する場合の注意(Sonyサイト)
  • 携帯、スマホのバックアップを取っておく
    旅行中、携帯、スマホの紛失・故障やスリにあい取られる可能性もあります。
    大切なデータ、連絡先が入っている場合は、念のためPCや外部メディアにバックアップを。
  • (レンタカーを使用する場合)国際免許が入っているか。
  • (レンタカーを使用する場合)レンタカーの予約書

手荷物カバンは何を入れておくの?

出発時には、セキュリティポーチにパスポートを入れておく必要はありません。
空港で見せることが多いため、手荷物の取り出しやすい場所に入れておいても便利です。
  • パスポート
  • 財布
  • 航空券(各種チケット)
  • 旅行会社配布のツアー内容が記載されたハンドブック(ツアーの場合)
  • ツアーガイドブック(どちらでも可能です。飛行機の中で見ておきたい場合)
  • 時計
  • 常備薬(必要な場合、酔い止め・目薬など)
  • エア枕・スリッパなど(機内で必要な場合)
  • 海外旅行保険証書(コピー可能:万が一の時の連絡先確認用)
  • 下着・簡単な着替え一式
    万が一、スーツケースが現地に届かなかった場合のため持っていると安心です。
※手荷物に、ハサミや眉カッターなどの刃物を入れていると空港で没収されます。
  持参する場合は、スーツケースに入れておきましょう。
※液体は、ナイロン袋に入れておきましょう。

スーツケースの中身が不安な場合は、もう一度、準備リストのページをチェック!
素敵なイタリア旅行を!!いってらっしゃい!!
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 出発日の数日前の最終チェック!

ホテルでwifiを利用する方法

Wifiスポットのマーク
(ツアーの場合)
工程表が届いたらそのホテルがwifi利用可能なのか、
有料か無料か等を確認しておきましょう。
分からない場合は、旅行会社に確認しておいても安心です。
  • Hotels.com
  • Expedia
    どちらも無線インターネット(有料・無料)の記載があり確認できます。

  • ※もしwifiがない場合は、ホテルではインターネットはできないため、
    旅行中、頻繁にインターネットをしたい方は、海外wifiルータのレンタルがお勧めです。

    (フリープランの場合)
    ホテルを選択の時に、wifiの利用が可能か、有料か無料なのか確認して予約できます。

    ホテルでのwifi利用について

    無料でwifiが利用できるホテルの場合、チェックイン時にwifiに関する案内をもらえます。
    部屋のカードキーケースに記載してあったり付属の用紙として渡されます。
    合わせて、英語や日本語での接続方法を記載した用紙ももらえます。
    もしチェックイン時に何も渡されない場合は、フロントに確認しましょう。

    Wifiが有料の場合は、ホテルのフロントに英語かイタリア語で「Wifiを使いたい」と伝えましょう。

    (注意)
    無料で利用可とあっても、IDとパスワードがかかっている場合があります。
    ・有料の場合は、金額が高い場合もあるので、事前に料金の確認を。(1時間いくら等)
    ・各部屋のWifi利用は有料でも、ホテルのロビーや共用スペース、
     併設カフェでの利用は無料と言う所もあります。
    ・無料のwifiとなっていても、ロビーや共用スペースでは快適に利用できますが、
     各部屋になると繋がりにくいという場合もあります。
     ※もし部屋で繋がりにくい・繋がらない場合は、共用スペースでも試してみましょう。
    ・日本で使っている速度と同じ程の速度ではなく、スピードは遅い場合もあります。
    ・無料のwifiは、どこからでも読み取られる可能性も考えられるため
     重要なデータのやり取りは避けたほうがよいかもしれません。(検索などは全く問題ないです)

    wifiについて確認するための英語

    英語が難しい場合は、文章を書いたメモやノートを用意しておき、見せても大丈夫です。
    ホテルが何箇所にわたっても、同じものを利用できます。
    (英語) ※Wifiは、ワイファイの発音でOKです。
    Where can I use wi-fi?
    ⇒どこでWIfiが使えますか?
    Do you have wi-fi here?
    Can I use wi-fi here?

    ⇒ここでWifiを使えますか?
    Is it for free?、How much?
    ⇒無料ですか?いくら?
    May I have a password?
    ⇒パスワードを教えてもらえますか?


    ホテルでのWifiが有料の場合、1時間あたりの金額によりますが
    合計3~10ユーロ(もしくはそれ以上)かかる場合もあります。
    ※wifiの速度が遅い場合は、思ったほど時間として使えない場合もあります。

    事前にWifiの料金が確認し高額の場合は、移動中どこでも使えたり、
    ID・パスワードを何度も確認しなくてもよいというような用途も含むと
    海外Wifiルータの方が便利かもしれません。

    (料金例)※どちらも空港受取、保証は最低限の場合
    グローバルWIFIの場合、8日間で12,700円程度
    エクスモバイルWifiの場合、8日間で7,000円程度となります。


>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ホテルでwifiを利用する方法

自由行動+観光はオプションで

真実の口(ローマ) ずっとツアーには参加したくない・・。
自由に旅行をしたいけど、
少しは観光案内もしてほしいなぁという場合は、
旅行会社の現地オプションを利用しましょう。



現地ツアーの申し込み方法

  • インターネットから現地のオプションツアーを取り扱う会社へ申込
  • 日本の大手旅行会社でオプションのみ申込
当日の集合時間に現地の集合場所に参加でOK♪
青の洞窟だけ参加したい、ピサへの半日観光、ローマの1日フリーの日の観光をお願いしたいなど
色々なパターンでオプションを組むことができます。

オプションツアーには、午前中だけの半日観光や夜景ツアーもあるので、
オプション+自分たちでの自由行動を組み合わせることでも、時間がうまく使えます。


私は、VERTRA(ベルトラ)のローマで夜景スポットめぐりのツアーを見ました。
(昼間に見る景色とは違う観光スポットを見たかったから)
夜に離れている有名観光スポットへの移動に時間もかかるけど、
バスで連れて行ってくれるのは安全で、良いと思います♪
予定的に頼めませんでしたが、同じ、VERTRA(ベルトラ)
「ヴァチカン博物館 最後の審判 システィーナ礼拝堂」も行ってみたかったです!!

おすすめ現地オプションツアー



自由旅行でレンタカーを利用する際の注意点

現地でレンタカーを借りて運転する場合は、日本で「国際運転免許書」の取得が
必要です。旅行前に必ず取得して免許を持参しておきましょう。




イタリアの空港からホテルへの送迎もオプションで可能

空港からホテルまでの移動手段が不安な場合、チャーター空港送迎サービスもあります。
利用便の到着時刻にあわせて空港からホテルまで送迎してくれます。

オプションツアーを利用しなくても行ける?

サン・ピエトロ大聖堂 <美術館や施設の観光>
美術館や施設にはオプションツアーを利用しなくても自分で行くこともできます。 ただ、現地でそのまま入場する場合、チケット購入に長蛇の列の可能性があります。 行きたい美術館や施設のホームページを確認し 事前にチケット予約や購入ができるかどうか確認しておきましょう。


美術館の観光オプションツアーは、現地ガイドさんが「主に見ておいた方が良い作品」に対して案内と 解説をしながらスイスイ進んでいくようなイメージです。
時間が限られているので、 全部の絵をゆっくり見ると言うわけではありません。

ただ絶対押さえておくべき絵画や彫刻などは効率よく案内してもらえます。
フリーでの入場の場合、広い館内で、迷ってしまったり目当ての物を探したりすることで
予想以上の時間がかかることがあります。


何を見たいのか、大体の場所が分かる場合はどの辺りにあるのか、
どういうルートでいくのかを少し考えておくとよいかもしれません。

<空港からホテルへ>
空港からホテルへも公共機関やタクシーを利用して自分で行くことができます。
到着時間によりますが、危険ではない方法を確認しておきましょう。

公共機関は時間どおりに来ないこともあります。
時間に来ないからと言って焦らず、時間に余裕を持って行動を。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自由行動+観光はオプションで

ツアーの選び方

ヴェローナのとある道先案内版イタリアのツアーは、ほとんど添乗員さん付きです。
日本の空港で待ち合わせをして、旅行中ずっと同行、
もしくは現地空港で添乗員さんが待っていて、現地からの案内の場合があります。

イタリア現地の美術館や施設内では、免許を持ったガイドさんしか案内ができないため、添乗員さんが館内説明などをする事はありません。毎日現地で、ガイドさんが来られて、ガイドが終了後に帰られます。

基本的には、色々な所へ連れて行ってくれます。
自由行動の1日が不安・・という場合には、旅行会社のオプションツアーを選択することもOK。
旅行会社以外でも、現地発着のオプションサッカー観戦等を別途申込も可能です。
(旅行会社のオプショナルツアーより幅広いオプションがあります。)



イタリアツアーの傾向

「●日間ツアー」という名前は、往復3日間+残日数(滞在日数)=●日間となります。
(例:8日間ツアーの場合、往復3日間+現地滞在5日間)
旅行会社のイタリアツアーには、主に3つのパターンのツアーが用意されています。
  • 多都市をざっと観光するツアー(周遊ツアー)
    行ける限りの色々な都市を回ります。1日ごとに違う都市のホテルに泊まり、
    忙しい強行スケジュールです。色々なイタリアを少しずつでも満喫したい!という方に。
  • 1都市~3都市観光に重点的に日数を取ったツアー
    行く都市が限られますが、1都市に連泊など比較的ゆっくりなスケジュールです。
    ゆっくりお気に入りの都市を満喫したいという方に。
  • 南イタリア(ナポリ・シチリア・アルベルベッロ)のみの地域を限定したツアー
    近年増えてきたツアーです。南イタリアとはまた違った雰囲気をゆったり味わえます。


ツアーを選ぶポイント!

以下のような選ぶポイントから自分に合ったツアーを見つけましょう。
  • 行きたい都市が含まれているか?
  • 都市は選べない!色々な都市(国)に行ってみたい!か。
  • その都市で何泊できるか(何時間位観光できるか)
  • 自由行動があるか、ずっとガイドして欲しいか。
  • 旅行日数・ツアーの価格
※ツアーに行きたい場所の観光やディナーなどが含まれていなくても、
 自由行動日程があれば現地オプションを自分で申込み、組み込む事も可能です。


価格重視!リーズナブルツアー

価格を最優先!リーズナブルツアー。季節によりバーゲン価格のツアーもあります。
旅行会社のサイトには、パンフレットに載っている価格より安いWeb限定の特別価格のツアーや
Webからの申込みの場合は割引などもあります。

海外初めて向け・卒業旅行の学生さん向け 安心ツアー

海外初めてで、心配な時には、添乗員さんがずっと付き添ってくれる安心ツアー。
全食事つきや、価格設定は、程良くリーズナブル


豪華な旅行がしたい!ハイクラス ツアー

ツアーに含まれる食事・ホテルともに高級クラス。
ゆったりな環境・サービスが用意された上質のツアー。

ハネムーン向け ツアー

ハネムーン向けのランクが高いホテル、メモリアルサービスが含まれるツアー。
ハネムーナーが多く参加しているので、ラブラブでも大丈夫。
隣のハネムーナーとの新婚話も盛り上がるかも。

自由行動の時間が多いツアー

都市間の移動は、全体行動で、各都市で半日観光後、半日は、自由行動

イタリアだけではなく他の国にも行きたい!よくばりツアー

イタリアだけでなく、ヨーロッパの複数の国をめぐります。
イギリス・フランス・スペインなど見どころが凝縮されたツアー

自分たちで組み立てる自由旅行 航空券+ホテル付のパック

往復航空券+ホテルのダイナミックパック。
添乗員さん無しで、行先は自分たち次第の自由な旅行に!

旅行会社によって異なる旅行代金って何が違う!?

さて・・同じ時期なのに旅行会社によってツアー代金が違うけど、なぜ!?

観光地での観光の内容は、基本的に同じです。(笑)
違うところは、主に以下です。

  • ホテルのグレードの高さ(ホテルのランクが5つ星、3つ星など)
  • ホテルの立地(観光地から近いか、郊外にあるか)
  • 旅行中の料理が含まれているか、料理内容のグレードの高さ
  • 航空会社の種類(直行便もしくは乗継便)、ペアシート確約が含まれているか。
  • 遂行人数が多いか少ないか。
催行人数とは、旅行を実施する上での最低人数です。
催行人数が2人からの場合と20人などの場合もあります。
人数に満たさない場合、旅行が実施されないという場合もあります。
催行人数が多い場合は、料金が安めというパターンもあります。


たくさんの都市を観光(周遊)できる裏側とは!?

ツアーの中には、8日間で5都市を巡るというような内容もあります。
ミラノ・ヴェネチア・フィレンツェ・ローマ・ナポリと巡るのは良いのですが、
渡航に3日間取られるので、実質は5日で5都市!

ミラノからナポリまでは、バスやユーロスターでも移動にかなりの時間をとられます。
実際の観光時間は、各都市で1.5時間~3時間だけの滞在なんてこともあります。
価格だけではなく、きちんとツアー内容をみて、どれくらいの滞在時間があるかを確認しましょう。
楽しみにしていたフィレンツェでの滞在がこれだけ!?と後で後悔しないように!

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ツアーの選び方

ツアー選びのポイント・注意点

乗継?直行便?

直行便?乗継? 直行便とは、日本の空港(羽田)からイタリア(ローマやミラノ)まで乗継(飛行機の乗り換え)なしで行きます。
・羽田以外の空港(関西空港など)からの出発の場合は、
 国内線の乗継はあります。
・南イタリアのツアー場合は、ローマ・ミラノからの乗り継ぎとなります。


直行便を提供しているのは、
JAL日本航空(コードシェア便を含む)、アリタリア航空。
直行便のツアーは乗り継ぎのツアーに比べると価格が少し高い場合もあります。
直行便を希望する場合は、追加料金となる場合もあります。
直行便の場合は、イタリアまで約13時間、乗り継ぎをすると15~16時間かかります。
※乗継がある場合は、「KLMオランダ航空」や「ルフトハンザ航空」などと書いてあります。

<乗継の時に注意すること>
  • 乗り継ぎの空港によってはユーロが使えない場合があります。
    クレジットカードなどで対応を。
  • ロストバゲッジ(預け入れ荷物の紛失)に注意。
    出発の荷物を預ける際に、貼られる国コード(3桁の英文字)シールが間違っていないか確認を。
    例:MXP:ミラノマルペンサ空港、FCO:フィウミチーノ空港など
  • 乗継飛行機の到着・出発が遅れる場合があります。
    念のため放送があれば聞いておきましょう。
乗り継ぎは直行便に比べると大変なところもありますが、イタリア到着前に
別の空港や国の雰囲気が味わえるのも楽しいですよ!

車窓から?

ツアー詳細を確認! 選んだツアーは、含まれている観光地が盛りだくさん!!なツアーは要注意。 ツアーパンフレットのどこかに「車窓」の文字はありませんか?

車窓は、「バスからの景色を見る」だけというもの。 観光スポットが多いイタリアでは、全ての観光スポットで 時間を取って観光をしていると、もちろん時間が足りないので、 外から見て終わりということも多々。

見れる観光スポットは限られているけれども、 歩いてじっくりな観光なのか、車窓からなのか。確認を。

催行人数って?

催行人数とは旅行が実施される最少人数です。
旅行会社、ツアーによってこの人数は異なります。
「催行人数が2人」になっているツアーは、最少、2人揃えばツアーは実行されます。
「催行人数が20人」のツアーは、20人の申し込みがないとツアーは実行されません。
逆に、ツアー中20人がずっと同じ行動になるので、大人数が苦手な場合は注意です。

催行人数が多いほど、リーズナブルになるツアーもあります。
ツアー人数が気になる場合は、催行人数のチェック!
それと旅行会社の方にも、申し込み人数を聞くと人数を教えてくれます。

ツアーの申込締切日(出発日の○日前など)までに催行人数に満たなかった場合は、
旅行会社の方から、出発日の変更などの相談があるかもしれません。

ツアー料金に含まれない料金とは

支払っているツアー料金以外に現地で必要になる費用があります。

例えば・・
  • 食事のときのお水やワインなどのドリンクは、全て実費支払いになります。
  • ベッドメイキング用のチップ(1日1人1ユーロ)
  • ドライバーさんチップ(最終日に融資で回収されることも)
  • トイレチップ(50セント~1ユーロ)
ツアーを予約時に旅行会社さんに念のため確認しておきましょう。

宿泊都市・ホテルの場所は?

ツアーパンフレットの行程表にも書いてありますが、宿泊都市がベニスやフィレンツェ等と
書いてあっても、宿泊の場所が、有名な観光地の近くとは限りません。
場合によっては、バスで30分位の距離の近郊都市になる可能性もあります。
ホテルの場所が、中心街にある場合は、ツアー料金は若干高くなります。
※ローマについては中心街にホテルがあるツアーが多くなってきました。

例えば
フィレンツェの宿泊が、カレンツァーノ(町名)の場合、フェレンツェ中心街からバスで45分の町です。
ベニスの宿泊が、メストレ(町名)の場合、ベニス本島ではなくベニスからバスで30分の街です。


ホテルが決まっているツアーの場合は、ホテルの場所が大体分かるのですが、
ホテルが決まっていない場合は、出発日の2週間前位にホテルが決まることになります。


夜に少し遊びに行こうかと考えている人は、行程表をもらってから
ホテルの住所で検索し、ホテルから中心街までの距離を把握することもできます。
(海外に慣れない場合は、夜の個人行動はお勧めしません)
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ツアー選びのポイント・注意点
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
イタリアについて
旅行の選び方
お勧めガイドブック
荷物の準備
お金の準備
海外旅行保険
航空券・ホテル・オプション予約
Wi-Fi・スマホ関連
出発直前対策
その他