イタリア旅行現地で役立つ情報

イタリアのワイン・アルコール類について

お酒についてのイタリア語

イタリア料理にあうお酒を♪ お酒が好きな方、ぜひメニューを確認してみましょう。
  • vino bianco:ビーノ ビアンコ
    白ワイン(ビーノ:ワイン、ビアンコ:白)
  • vino rosso:ビーノ ロッソ
    赤ワイン(ビーノ:ワイン、ロッソ:赤)
  • secco(セッコ)
    辛口
  • amabile(アマビレ)
    甘口
  • Spumante(スプマンテ)
    発泡ワイン:シャンペン
  • frizzante(フリッザンテ)
    「微発泡」「半発泡」のもの
  • birra(ビッラ)
    ビール

ワイン好きの方のちょっとレアなイタリアの旅

試飲も楽しめます♪ 有名ワイナリーからレアな生産地のワイナリーをめぐる イタリアのオプションツアーがあります。

イタリアのワインについて

イタリアは気候に恵まれているためイタリアの州全てワインが作られています。

1963年にイタリアのワイン法=DOC法(Denominazione di Origine Controllata)が制定され
上からDOCG・DOC・IGT・VdTの4種類に分けられています。

  • DOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)
    デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ
    統制保証付原産地呼称に認定のワイン。
    イタリアのワインの最上位に位置付けられる分類です。
  • DOC(Denominazione di Origine Controllata)
    デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ
    統制原産地呼称に認定のワイン。
  • IGT(Indicazione Geografica Tipica)
    インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカ
    地域特性表示ワイン。
    ラベルには使用されている品種と生産地が表示されます。
  • VdT(Vino da Tavola)
    ヴィーノ・ダ・タヴォラ
    いわゆる「テーブル・ワイン」で使用品種や生産地を表示する義務はありません。
    とくにDOC申請をしないワインは、全てこのクラスに分類されます。

イタリアでよく目にするお酒

ボトルにも注目! 昔からの由来で食前酒、食後酒といわれていましたが、
今は基本的には自由になっています。

<食前酒(aperitivo:アペリティーヴォ)>
  • Campari(カンパリ)
    ミラノ発祥と言われているカンパリ。
    苦味のあるタイプのリキュール。
    アルコール度数は24度。
  • APEROL(アペロール)
    オレンジ系の色々なハーブを使ったリキュール。
    アルコール度数は11度。
  • <食後酒(digestivo:ディジェスティーヴォ)>
    • Grappa(グラッパ)
       イタリア特産の蒸留酒で、ブランデーの一種。アルコール度数は40度。
    <その他>
    • キャンティ(Chianti)
      イタリア・トスカーナ州のキャンティ地方で作られるワイン。
      大量生産のため可愛いパッケージなどでお土産でもよく見かけますが、
      伝統的にキャンティワインを作りつづけてきた地域は、
      黒い鶏の紋章を付けたキャンティ・クラッシコとDOCG認定されています。
    • リモンチェッロ(Limoncello)
      カンパーニア州のナポリ湾周辺の家庭や酒造メーカーで作られるリキュール。
      甘味もあるので口当たりは良いが、アルコール度数は30%以上。
    • ヴェネツィアビール(Birra Venezia)公式サイト
      ヴェネツィアでしか生産されていないビール。BIONDA/ROSSA/BIANCAがあります。
    • ローマビール(Birra ROMA)公式サイト
      2004年に設立されたローマのビール会社のビール。
    • メッシーナビール(MESSINA)
      1923年にシチリア島のメッシーナ社で生まれたラガービール

    ワイン好きの方へのおみやげに


    イタリアワインの専門ショップ

    • ENOTECA(エノテカ)
      ネットからの相談でワインコンシェルジュがおすすめワインを提案してくれます。
    • Tuscany
      イタリアからの直輸入ワインを多数扱うお店。
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアのワイン・アルコール類について

いつかは見てみたいスポット


Orvieto(オルヴィエート)


オルヴィエート 場所:ウンブリア州
行き方:
ローマから鉄道を利用の場合、1時間程度。
オルヴィエート駅からは旧市街まではケーブルカー。
オプションツアー:オルヴィエート観光ツアー

オルヴィエートは、高い丘の上の城塞都市。 「世界一美しい丘上都市」と呼ばれていて凝灰岩の上にそびえたっています。 遠く離れた所からの景色、丘から見下ろす景色、どちらも圧巻です! 白ワインの名産としても有名です。

Parco dei Mostri(ボマルツォの怪物公園)

怪物公園 場所:ラッツィオ州
行き方:ローマから
オプションツアー:ボマルツォの怪物公園観光ツアー

ルネッサンス期の1552年にオルシーニ家が自宅に作った庭園。 長い間放置されてましたが、1954年にこの土地を購入したイタリア人によって、 丁寧に修復されました。緑が一杯の中に神秘的な石象が多数あります。

Reggia di Caserta(カゼルタ宮殿)・ヴァンヴィテッリの水道橋

カゼルタ宮殿 場所:カンパニア州
行き方:ナポリから電車もしくはバス

18世紀にヨーロッパで建てられた中で最も巨大な宮殿。ヴェルサイユ宮殿に触発されている。庭園はバロック様式で、120ヘクタール。1999年のスターウォーズでは、アミダラ女王の宮殿としても撮影されています。

Riomaggiore(リオマッジョーレ)

Riomaggiore 場所:リグーリア州
オプションツアー:こちら

チンクエ・テッレで一番人口が多い集落。 リオマッジョーレの集落には小さなビーチと、 高い建物 (Tower house) に囲まれた波止場がある。

Matera(マテーラの洞窟住居)

マテーラ 場所:バジリカータ州
オプションツアー:こちら

「サッシ」と呼ばれる凝灰岩に穴を開けて作られた家(洞窟住居)がある旧市街地区です。洞窟のホテルやレストランなどを楽しむことができます。
ブログ旅では稲垣早希さんが行かれていました。

Isola di Lampedusa(ランペドゥーザ島)

ランペドゥーザ島 場所:シチリア州のイタリア領最南端の島

海の透明度が高いため船が浮いているように見えます。
東芝レグザ<のCM(福山雅治さん)で使われています。
ツアー:クルーズ旅行専門 ベストワンクルーズ(地中海クルーズ)

Castel del monte(デル・モンテ城)

デル・モンテ城 場所:プーリア州
オプションツアー:こちら

丘の上に立つ城で、全体が八角形の平面で構成され、
中央に八角形の中庭を内包し、8つのコーナーには
それぞれ八角形の小塔がそびえています。

Civita di bagnoregio(チビタ・ディ・バーニョレッジョ)

civita di bagnoregio 場所:ウンブリア州
トゥーフォ(tufo)と呼ばれる火山噴火による凝灰岩で
できており、風や川の侵食などの影響を受けやすく、
風化が進行しているため、「死にゆく町」と呼ばれています。。
とても小さく可愛らしい町です。
「天空の城ラピュタ」のモデルになったり、
映画ホタルノヒカリのロケにも使われました。
オプションツアー:こちら

アッシージ・聖フランチェスコ聖堂


>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - いつかは見てみたいスポット

ローマ・ヴァチカンのお勧めスポットは?

歩けば遺跡にあたるという街。1日自由行動の日程で組まれることも多く、
世界からの観光客も多く、観光するのに歩きやすい街となっています。


より大きな地図で ローマ・ヴァチカン観光・お買物map を表示(写真アイコン・・観光スポット/黄色アイコン・・お買物スポット)

映画好きな方は、「ローマの休日」のロケ地めぐりでも楽しめます。
ローマは、見どころがたくさん!見逃した!という前に、じっくり計画を立てておきましょう。

自分で観光するのは、不安・・という方には、ローマ市内観光の乗り降り自由観光バスもあります。
1周2時間で車窓可能も可能。主要観光スポットの近くにあるバス停から自由に乗り降りもできます。
夜歩くのは、ちょっと怖い・・という場合には、ホテル送迎ありの
ローマの主要観光地の夜景をバス巡るツアーがオススメ。

1日や半日自由行動にお勧め!ローマのオプションツアー

効率よくローマを楽しめるオプションツアーを紹介します。
【昼間】
【夜】
ローマ 自由行動のときのオススメルートはこちらから。

ローマで見ておきたいお勧めスポット!

  • スペイン広場
    「ローマの休日」でアン王女が座ってジェラートを食べた場所。
    観光客が多い場所(スリが多い場所)ではあります。スペイン階段の上からは、
    バチカン市国も見えます。(夜景スポットとしても綺麗)
  • トレヴィの泉
    後ろを向いてコインを投げることで有名な泉。
    「ローマの休日」のアン王女が髪の毛を切った美容室の場所もこのそばにあります。
  • ナヴォーナ広場・四大河の噴水・パンテオン
    絵画がたくさん売られているナヴォーナ広場、カフェも多く休憩にも最適。
    (夜景スポットとしても綺麗)
  • ヴェネツィア広場
    大きな白大理石の記念堂。
  • フォロ・ロマーノ・パラティーノの丘
    「ローマの休日」でアン王女がうたたねをしていた場所。
    今もなお、ローマが遺跡を発掘中の街ということがとても分かります。
    パラティーノの丘からは、フォロ・ロマーノの全体とコロッセオが綺麗に見渡せます。
  • コロッセオ
    色々な映画でも使われているコロッセオ。地下の檻やアレーナは、今でも威圧感が・・。
  • サンタンジェロ城
    近くを流れる川と城がとてもきれいなお城。「ローマの休日」では、ダンスパーティが
    開かれた会場の設定。(夜景スポットとしても綺麗)
  • 真実の口
    嘘つきは手をかまれるという言い伝えがある。「ローマの休日」でも登場の場所。
    かなりの行列ができています。
  • コロンナ宮殿
    入館できる日に当たればラッキー!「ローマの休日」のラストシーン王女の会見で
    使われたきらびやかな場所。
  • スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
    9月上旬~5月下旬のサッカー(セリエA)が好きな方には必見!
    セリエAのSSラツィオとASローマがホームスタジアムです。
    日本語での事前チケット購入はこちらから。


ヴァチカンで見ておきたいお勧めスポット!

  • サン・ピエトロ大聖堂
    ヴァチカン市国の大聖堂。上のクーポラへも登れます。
  • ヴァチカン博物館・システィーナ礼拝堂
    有名なミケランジェロの「最後の審判」の絵画を見ることができます。
<「最後の審判」 鑑賞の場合の注意>
※申込ツアーのコース含まれていない場合があります。
ぜひ見たいという場合は、ツアーに含まれているかの確認を!
見たい場合には、自由行動日を利用して、バチカン博物館鑑賞ツアー(午前中のみ)があります。 
当日開園前に開園待ちとして並ぶことも可能ですが、朝早く並んでも長蛇の行列で
入館できるのは、何時になるか分からないという場合もあります。
事前にオプションツアー申し込みがお勧めです。


ローマで食べておきたい料理!

  • ジェラート
    歩けばジェラート屋さんに当たるというくらいお店があります。
    パンテオン宮殿北にある「GIOLITTI(ジョリッティ)」は1900年からの老舗ジェラート店。
    長い行列ができています。
  • ティラミス:Tiramisu
    マスカルポーネ・チーズを使ったティラミス。日本のものと違った本格的な味です。
    ローマでは有名なティラミス専門店「POMPI(ポンピ)」もあります。
  • グラニータ:Granita(かき氷)
    イタリア版かき氷(シチリアが発祥)。
    グラニータはシロップやジュースを混ぜ加えて冷凍させ、シャリシャリとした食感。
    グラニータ・ディ・カフェというエスプレッソをベースにした
    かき氷+クリームトッピングもあります。
  • グラッタケッカ:grattachecca(ローマ風かき氷)
    日本のかき氷より荒削りの氷にシロップがかかっています。
  • カルボナーラ:Carbonara
    日本とは違う味のカルボナーラ。生クリームを使わずパンチェッタ(pancetta)という
    非加熱のベーコンをつかうパスタ。
  • アマトリチャーナ:Spaghetti all'Amatriciana
    ローマの北東のアマトリーチェの街で生まれた料理。
    まん中に小さな穴のあいているパスタ(ブカティーニ)に
    豚のほほ肉の塩漬けとトマトソースをからめたパスタ。
  • サルティン・ボッカ:saltimbocca
  • カチョ エ ペペ:Cacio e Pepe
    ローマと近郊の特産である『ペコリーノ・ロマーノ』という羊のチーズと
    オリーブオイル、黒胡椒だけでつくるシンプルで素朴なパスタ。

市内をお得に楽しみたい方に!ローマパス

Roma Pass 観光のついていないフリープランの方にお勧め!
ローマの美術館や施設に2つは無料、3つ目以降は割引価格で入場できます。 その他、地下鉄や市バスも乗り放題。 有効期限は、初めて利用した時間から72時間(3日間)。購入は、インターネットもしくは、こちらに記載の施設で購入できます。
※月曜日、5月1日、12月25日、1月1日は美術館はお休みです。

※価格は、34ユーロです。(2013年10月現在)

ローマのお店紹介

  • Star Shop住所
    イタリアでアニメや漫画、グッズを扱うお店。
    日本のコミックのイタリア語版も購入できます。

TVで紹介されたローマのお店・レストラン

google mapに以下のお店の位置のアイコンがあります。
<ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~より>公式サイト
  • La cabana (詳細:Trip Advisor
    ベリッシモ・フランチェスコの実家ローマへ里帰りで、隠れ家的レストランを紹介。
    bis di primi(2種類のパスタ)を注文、その1種類はカルボナーラでした。
<海外行くならこーでね~とより>公式紹介ページ(紹介文はページより引用)
  • DA PANCLAZIO (ダ・パンクラツィオ) (公式サイト詳細:Trip Advisor
    紀元前1世紀にあったポンペイウス劇場の跡地をにあり、その遺跡の一部を利用したレストラン。
    本物のカルボナーラが紹介されていました。
  • POMPI(ポンピ) (詳細:Trip Advisor
    お酒が飲めるティラミス専門のスイーツショップ。
<世界行ってみたらホントはこんなトコだったより>公式紹介ページ(紹介文はTV内容より引用)
  • La pergola(ラ ペルゴラ)  (詳細:Trip Advisor
    ホテル・ローマ・カヴァリエーリの中にあるレストラン。
    「ファゴテッリ・ラ・ペルゴラ」という中にクリームが入っているパスタが紹介されていました。
  • L'astice Blu(アスティチェ ブルー) (詳細:Trip Advisor
    パンチェッタ・ジローラモがお勧めのパスタとして。
    オマール海老を使った「タリオリーニ アスティチェ」を紹介していました。
  • La Cabana(ラ・カバーナ) (詳細:Trip Advisor
    ベリッシモ・フランチェスコ(イタリア料理研究家)がお勧めのパスタとして。
    「カラマータ ブロッコリーとソーセージ」を紹介していました。
  • Da Danilo(ダ・ダニーロ) (公式サイト詳細:Trip Advisor
    ローマ市民への聞き込みで一番多く名前が上がったレストラン(トラットリア)。
    「アマトリチャーナ」(豚バラ肉の塩漬け+チーズ+トマトソース)が一番人気で
    パスタはブカティーニ(中心に穴のあいたパスタ)を使用。
  • Tullio(トゥーリオ) (詳細:Trip Advisor
    なかなか予約が取れないイタリアンレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフオススメのパスタ。
    ポルチーニ茸が使われた「タリアテッレ ポルチーニ」
  • Roscioli(ロショーリ) (公式サイト詳細:Trip Advisor
    イタリア版ミシュラン「ガンベロロッソ」のカルボナーラ特別号で紹介されている。
    グアンチャーレという豚の頬肉の塩漬けとペコリーノロマーノというチーズを使用している。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ローマ・ヴァチカンのお勧めスポットは?

フィレンツェのお勧めスポットは?

赤茶色の街並みフィレンツェ。
フィレンツェを観光する時間によっても印象がまったく異なってきます。
ぜひ、見てもらいたいのは、夕暮れの赤く染まるフィレンツェの街。ためいきが出るくらい綺麗です。


より大きな地図で フィレンツェ観光・お買物map を表示。(青色アイコン・・観光スポット/黄色アイコン・・お買い物スポット)

フィレンツェで見ておきたいお勧めスポット!

  • ドゥオーモ
    『冷静と情熱のあいだ』の映画で待ち合わせに使われたドゥオーモ。
    屋上からフィレンツェの街が一望できます。登るのには、狭い階段をあがります。
    長蛇の列ができているので、早めに並ぶのがお勧め。
  • サン・ジョバンニ洗礼堂
  • ジョットの鐘楼
    ドゥオーモに登れない時には、ジョットの鐘楼に上ることもできます。
    ジョットの鐘楼からは、ドゥオーモを含めたフィレンツェの街を見ることができます。
    夕暮れに赤く照らされたドゥオーモを見ることができるのもジョットの鐘楼からだけ。
  • ヴェッキオ宮殿
  • シニョーリア広場・ウッフィッツィ美術館
    シニョーリア広場には、ダビデ像のレプリカがあります。
    ウッフィッツィ美術館は、じっくり見たい絵画がいっぱいの美術館。
    歴史の教科書で見てきた絵画がたくさんあります。
  • ヴェッキオ橋
  • ピッティ宮殿
  • ミケランジェロ広場
    市内からは少し離れた場所にあります。晴れた日には、絵葉書のような景色が見れます。
  • アカデミア美術館
    本物のダビデ像があります。巨大な迫力には圧巻です。
  • サンティ・アポストリ教会
    ウフィッツィ美術館をサンタ・トリニタ橋の側に進むとある教会
    『冷静と情熱のあいだ』の映画の最初の出会いのシーンに出てくる小さな教会。
  • スタディオ・アルテミオ・フランキ
    9月上旬~5月下旬のサッカー(セリエA)が好きな方には必見!
    セリエAのフィオレンティーナがホームスタジアムです。
    日本語での事前チケット購入はこちらから。
  • フィレンツェ中央市場(Mercato Centrale)[HP]
    2Fにはフードコートがあり市場の新鮮な素材を使った料理やお酒を手軽に楽しめます。
    (年中無休:夜0時まで)

フィレンツェで食べておきたいもの!

フィレンツェでは家庭的なものから現代風にアレンジされたものまで
トスカーナ料理が味わえます。
  • ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ:Bistecca alla Fiorentina
    フィレンツェ風牛肉のステーキ。Tボーンステーキなど骨つきが多い。
  • ジェラート
  • ラザーニャ:Lasagne al Forno
  • ランプレドット:Lampredotto
    もつ煮込み料理
    ※パニーノテーカ(パニーノ屋さん)や屋台で食べれます。
    牛もつ煮込みをパニーノで挟んだ「パニーノ・ランプレドット」もお試しを!
  • トリッパ:Trippa
    牛の胃袋のトマト煮込み
    ※パニーノテーカ(パニーノ屋さん)や屋台で食べれます。
  • リッボリータ:Ribollita(冬)
    野菜と豆とパンを煮込んだお粥のような料理
  • パッパ・アル・ポモドーロ:Pappa al pomodoro(夏)
    トマトソースベースのパンのお粥のような料理
  • パンツァネッラ:Panzanella
    野菜とパンを混ぜ合わせたサラダ


フィレンツェでの楽しみ方

初心者でも利用しやすいフィレンツェのリストランテやお店のガイド。
地元の人に愛されるお店なども紹介されています。
フィレンツェ食べ歩き フィレンツェ 通いつめて見つけた「食べ歩き&買い物」案内
料理研究家の方が書かれてたフィレンツェでお勧めのリストランテガイド。(私も次回は持って行きます)
フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅 フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅
フィレンツェ在住の日本人の方のディープな食べ歩きガイドの決定版


フィレンツェのお買物スポット

フィレンツェでは町歩きの中で小さなたくさんのお店に出会うことができます。
気軽に「Buongiorno!(ボンジョルノ)」とドアを開けて入ってみてください。

お店や町中はあまり広くないので、大量配布のお菓子やオリーブオイル・お酒など、
かさばるものや重いものは事前購入しておくと
お土産に焦ることなくお気に入りをじっくり探すことができるかもしれません。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フィレンツェのお勧めスポットは?

Tabacchi(タバッキ)は使える!

タバッキの看板 Tabacchi(タバッキ)とは、イタリアのコンビニのようなもの。
何か買おうとしたら、イタリア人に「タバッキに行け!」と言われる程よく使われているお店。日本のコンビニのように、街を歩けばタバッキに当たると思うほど、たくさんあります。

BAR(バール)やジェラテリア(ジェラート屋さん)とTabacchi(タバッキ)が併設されている所も多いです。
Tabacchi(タバッキ)の看板の色が、青・黄・黒などがありますが、全てTabacchi(タバッキ)です。

タバッキで買えるもの一例
  • バス・トラム(市電)のチケット
  • 食べ物(バニーニやお菓子など:現地のお菓子の缶がカワイイ!)
  • 飲み物(水やジュースなど)
  • 切手(切手を扱わない店舗もあり)
  • ジェラートやお酒など
  • 新聞・雑誌など
※バスやトラムを利用する場合、前もって往復分など必要な枚数を購入しておくと良いでしょう。

売店のみのTabacchi(タバッキ)は、閉まるのも早く、
BAR(バール)と併設されているタバッキは夜遅くまで開いています。


お店によっては、高額のお札を出すとお釣りがないと言われる場合もあります。
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Tabacchi(タバッキ)は使える!
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報