イタリア旅行現地で役立つ情報

スリに狙われない服装・対策は?

シニョーリア広場(海神の噴水) どんなに気をつけていても、ベテランの方でもスリに会うときは会います。 旅慣れした添乗員さんでも現地のイタリア人でさえスリに会うときもあります。

服装

格好としては、やはり綺麗目の服装をしていると、狙われる可能性が高いです。
旅行だからといって、特別な格好をするわけではなく、いつもどおりの服装が一番です
(ただ、どんな服装であっても、やはり自分のスリを警戒する心がけ次第です!)


持ち物

  • ブランド物はあまり持たない・使わない
    ブランドバックを持っている場合、スリに狙われる可能性が高いです。
    偽物を販売するグループからも偽物を売りつけるため寄ってこられる場合もあります。


  • ブランドの財布、お財布にお札を入れすぎない
    スリは、お店で買物時に、高価な財布を取り出す所や、
    財布の中からお札を取り出す所を観察している可能性
    があります。
    買い物の後は気分が良くなり、油断しがちですが、
    後をつけられている可能性もあるので、十分注意しましょう。
    トイレやバールなど小銭を支払うだけの所では小銭入れを使うとよいかもしれません。
    街中でお財布を取り出す場合は、あまり高価な財布を使用しない方が安全です。
    あわせて、明るい所を通る、人どおりの少ない所を通らないなどにも注意です。


  • カバンのチャック部分には注意を払う
    手提げカバン、ショルダーのカバンは、必ずチャック部分が自分側にある事を注意!
    チャック部分が後ろにあると、後ろから引っ張られて取り出されます。
    不安な場合は、チャックの部分を意識して手で隠すようにして持ってもOK。
    (バス内や電車内、混んでいる所などでは、カバンをしっかり脇に挟む、
     もしくは腕で抱きかかえるように持ちチャックの部分を隠すことをお勧めします)

    リュックの場合は、後ろのチャックが見えないので
    必ず南京錠など、勝手にチャックを開けられないように工夫をしましょう。
    稀に、リュックがカッターなどで切られる場合もあるので、定期的にカバンの確認を!



街歩き

  • 街を歩く時は、道路側にカバンを持たない。
    自転車やバイクから引っ張って、持っていかれる場合があります。
    引っ張られた反動で、自分にケガをする場合もあります。


  • 知らない人に話しかけられても、すぐ信用しない
    街の中で、知らない現地の人に話しかけられる場合があります。
    ニコニコ愛想笑いをしたり、何を言っているんだろうと考えたり
    意識が薄らいだ隙に、狙われることがあります。
    何か言われた場合には、「NO!(ノー!)」と断りましょう。
    他国の観光客の場合は、カメラを差しだしながら話しかけられることもあります。
    不安な場合は、「I'm sorry.」などと断ってもかまいません。


  • 写真撮影やガイドブックを見ることに集中しない
    写真撮影やガイドブックに夢中になっている時は、手荷物管理がおそろかになります。
    何かに夢中になっている人ほど、スリに狙われやすくなります。
    気がついたらガイドブックを取り出した後のカバンが開いたままだった、
    カバンが後ろに回っていて取ってくださいと言わんばかりだったなど・・。
    写真撮影やガイドブックを見ている時も、カバンのチャックを前にする、カバンを脇にはさむなど
    荷物に注意を払っているという雰囲気を見せているとスリに狙われにくくなります。


    デジカメや一眼レフ、ビデオカメラなどの機器で狙われることはありませんが、
    イタリア旅行までには、スムーズに使えるよう使い方には慣れておきましょう。
    現地で使い方に戸惑うと、機器の設定が気になり隙を与える可能性もあります。


  • 女性ばかりのグループは、特に気をつける
    女性ばかりのグループで歩いていると、声をかけられやすいです。
    日本人女性は、可愛らしい雰囲気だからなのですが、
    声をかけられることに舞い上がってしまわないよう、周囲に気をつけましょう。
    誰かが話しかけ、話に夢中の間に他人のふりをした別の人が
    後ろからスリを・・ということもあります。

    特に少人数での行動は、人けの少ない所や夜間の行動には注意を。


置き引き

ほんの少しの荷物から目が離れた瞬間を狙っています。

  • 場所を離れるときは、誰かに手渡しで預ける。
    もちろんですが、荷物を置いたままにはしないように!
    ホテルや観光地の受付などでチェックインや何かを訪ねている時など
    少し目を離した隙をついて置き引きにあうことがあります。
    同行者がいる場合は、誰かに頼んで荷物を見て置いてもらう。
    もしくは、荷物が自分の体に触れる所に置いたり、訪ねながら片手で荷物を触っておく

    など、荷物を気にしていることをアピールしましょう。
  • 預けられた場合、床に置いたとしても、必ず荷物は少しでも手に触れておく。
    床に置いて荷物を見てはいるけれども、
    おしゃべりに夢中になっている間に無くなっている場合もあります。
    荷物を見るのではなく、触って確かめておくつもりで荷物を管理しましょう。


少しオーバーに書いている部分もありますが、イタリアでよくある事例の対処例です。
一度なくなると、戻ってくる可能性は、かなり低いです。荷物管理には、十分注意しましょう。

パスポートやクレジットカードなど重要な荷物は、手荷物とは別に
肌身離さずのセキュリティポーチ管理がオススメです!
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スリに狙われない服装・対策は?

ローマでの自由行動。お勧めモデルコースは?

知らない土地で、言葉も分からなくて心配と思う方。大丈夫!
ローマは、観光都市。1日の自由行動を自分たちのペースに合わせて
歩くことができる街です。歩いているだけで、遺跡や歴史のある建物に巡り合えます。


ローマでの1日自由行動の時間の使い方 例


有名な観光スポットが徒歩圏内に集中しているので、地図を見ながら
歩くと、5分~15分ほどで、別の観光名所に・・と順々にたどり着くことができます。

ローマの観光の方法は、「るるぶ」や「地球の歩き方」などのガイドブックに
載っているので、自分たちのペースに合わせて組み立てましょう。
旅行前に回る所の行程表を作っていると、見忘れたという事無く満喫できます。

ツアーで1日自由行動の場合、宿泊のホテルから中心観光地までの移動は自分たちでになります。
宿泊のホテルがどの辺りにあるのかによって、地下鉄に乗る場合もあります。
現地では、添乗員さんが中心街まで行く方法の説明があると思いますが、
ホテルの名前から住所やアクセス方法を事前に調べておくと、効率的な歩き方ができます。

事前に観光施設が休みでないかどうかも確認しておきましょう!
比較的に、観光施設の周りに、BARやレストラン、お買物スポットが密集しています。


ローマ市内乗り降り自由バスで、ぐるっと周遊

乗り降り自由 観光バス 公共交通手段の利用が不安な方や
徒歩の移動時間を短縮したいには、
ローマ乗り降り自由バスチケット(1日券・2日券)もあります。

イヤホンで日本語案内放送が聞けて安心、
2階建てのオープンバスで景色も最高です。

サン・ピエトロ寺院、コロッセオ、トレビの泉など
12箇所の観光スポット近くのバス停で乗り降りが可能。
駅から離れている名所へ簡単に行くことができます。
年中無休で朝9時~18時まで対応。

乗ったままの場合は1周2時間で車窓観光できます。
※ローマ市内では複数の会社のオープン周遊バスがあるので、現地でも購入できます。

市内をお得に楽しみたい方に!ローマパス

Roma Pass 数日滞在するフリープランの方にお勧め!
カードには2種類あります。(3日間有効、48時間有効)
ローマの美術館や施設に2つもしくは1つが無料、それ以降は割引価格で入場できます。 その他、地下鉄や市バスも乗り放題。 有効期限は、初めて利用した時間から72時間(3日間)。購入は、インターネットもしくは、こちらに記載の施設で購入できます。
※ローマパスを持っている場合、専用の入口があります。
 行列ができているからといって並ばず、一度入場口を確認してみましょう。
※月曜日、5月1日、12月25日、1月1日は美術館はお休みです。
※価格は、36ユーロです。(2016年4月現在)


1日観光モデルコース


より大きな地図で ローマ・ヴァチカン観光・お買物map を表示(カメラアイコンは観光名所、他アイコンはお買物・飲食スポット

駅から出発した場合のモデルコースです。(上記地図のオレンジ色ルート
Spagna(スパーニャ)駅もしくはColosseo(コロッセオ)駅どちらからでも行けます。
上記地図には例として1つの道をを記載していますが、脇道も多くどの道でも観光名所に通じます。

<地下鉄A線(Spagna駅下車の場合)>
朝のスペイン広場から始まり、夕暮れのフォロロマーノ、コロッセオの夜景で終わります。
※Collosseo駅からの場合は、下に紹介するルートを逆にたどってください。
コロッセオは、チケットの購入に時間がかかる場合があります。朝早めからの出発がお勧めです。
混んでいる場合は、フォロ・ロマーノのチケットショップで入場券を購入し入場すると、空いています!!
  • (サンタンジェロ城(Castel Sant'Angelo))【google map
    以下の観光スポットからは、少し距離が離れています。
    スペイン広場の前に行く場合は、地下鉄A線Lepanto駅下車徒歩約15分。
  • スペイン広場(Piazza di Spagna)【google map
    最寄駅:地下鉄A線(SPAGNA駅)
    階段上には、トリニタ・ディ・モンティ教会もあります。
    一番上からは、ヴァチカン市国の屋根もみることができます。
    (お土産スポット)
  • コンドッティ通り(Via Condotti)
    スペイン広場前に続く通り。有名ブランド店が密集しています。
  • トレビの泉(Fontana di Trevi)【google map
    コロンナ広場(Piazza di Colonna)【google map

    最寄駅:地下鉄A線Barberini駅から徒歩10分
    朝7時~11時までは泉の掃除と水の入れ替え作業に遭遇するかも。
    スペイン広場~トレヴィの泉は徒歩約10分です。
    (お土産スポット)
  • コルソ通り(via del Corso)【google map
    オシャレなショップがいっぱい!雑貨や靴や服のお店もいろいろあります。
  • パンテオン(Pantheon)【google map
    パンテオンの周辺には、BARやレストランも多々。オープンカフェも多いエリア。
    トレヴィの泉~パンテオンは徒歩約10分です。
    (お土産スポット)
  • ナヴォーナ広場(四大河の噴水)(Piazza Navona)【google map
    最寄駅:地下鉄A線Spagna駅から徒歩20分
    昼間は絵画や美術商品が多数販売されている。噴水の水と絵画にキラキラした場所。
    フォロロマーノ・コロッセオまでは、2km強あります。
    ナヴォーナ広場もしくはヴェネツィア広場からバスかタクシーが便利です。

    (お土産スポット)
  • ベネツィア広場・ヴィットリアエマヌエレ2世記念堂(Piazza Venezia)【google map
  • フォロロマーノ(Forum Romanum)【google map
    パラティーノの丘(Palatino)【google map

    最寄駅:地下鉄B線Colosseo駅から徒歩5分
    かなり広い場所です。パラティーノの丘の上までは少し時間がかかります。
  • コロッセオ(colosseo)【google map
    最寄駅:地下鉄B線Colosseo駅から徒歩1分
    フォロロマーノで購入した切符で入ることができます。(どちらかで購入すればOK)
    (お土産スポット)
  •  (サンタマリア(真実の口)(Bocca della Verita)
    Circo Massimo駅(チルコ・マッシモ駅)下車で徒歩。
    コロッセオからは少し距離があります。写真を撮る場合は、行列待ちの可能性も。

街歩きの注意

  • ローマ市内は石畳のため歩きやすい靴がお勧めです。
  • イタリアの街中ではコインロッカーはありません。
  • お土産をたくさん持ち歩いていると、たくさんの荷物に注意が必要となります。
    くれぐれもスリや置き引きに合わないよう、貴重品には気をつけましょう。
  • 暗い時間帯に帰宅する場合は、バスや地下鉄よりタクシーの利用が安全です。
    タクシーは決まったタクシー乗り場から乗りましょう。
  • 1日自由観光、お土産を持ち歩いての移動や町歩きは予想以上に気を使います。
    かさばるものや重いものは事前購入しておくと
    お土産に焦ることなくお気に入りをじっくり探すことができるかもしれません。

その他のオススメスポット

  • ヴァチカン博物館(地下鉄Ottaviano駅下車)
    システィーナ礼拝堂の『最後の審判』を見たい場合。(ツアーに含まれているか確認を)
    朝一に並んでも、チケット購入・入場にかなり並ぶことになります。
    確実に見るには、ヴァチカン博物館オプションツアー予約もオススメ。
    8:00~12:00までのツアーなので、博物館の観光終了後は、自由行動になります。
  • ネコ広場(アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina))【Google map地図
    Largo Arenula(ラルゴ・アレヌラ)という通り。
    ネコ好きの方にオススメ♪ベネツィア広場近く。街の小さな一角にある公園です。
    公園の中にある遺跡に、猫たちがのんびり暮らしています。
  • カンポ広場:カンポデフィオーリ広場(Piazza Campo de' Fiori)【google map地図
    最寄:ナヴォーナ広場(最寄:地下鉄A線Spagna駅徒歩20分)から徒歩10分。
    カンポ広場の朝市は、大盛り上がり!マーケットは活気があります。(日曜休)
    朝市といっても、朝からお昼(もしくは、終日)すぎまでしています。
    マーケットを見たあとには、近くにBARでカフェとコルネの朝食もオススメです。
  • コーラ・ディリエンツォ通り(地下鉄A線LEPANTO駅下車)【Google Map地図
    通り沿いに若者向けのオシャレな服屋さん、雑貨屋さんが並びます。
    イタリアの若者が大好きなデパートCOINもあります。
  • ローマのライトアップされた夜景を楽しむ
    イルミネーションツアー」は ライトアップされたローマの建物をバスでめぐるツアー。
    (夜20: 00集合なので夜時間がある方向け)

お土産購入に使える現地スーパー

お土産購入には、現地の人たちが利用するスーパーもオススメです。
だだし、荷物が多くなってしまう場合は、夕方に利用するなど、予定時間の計画も!

買物方法は、日本と同じようにカゴやカートを利用して購入する予定のものを入れますが
レジでは、カートに入れた商品を全てベルトコンベア式の台に置かないといけない場合が
あります。不安な場合は、前列の人を良く見ておきましょう。
  • DESPAR
    (地下鉄A・B線 Termini駅構内:木のマークが目印のスーパー)
    ローマ三越から少し歩いたところにもあります。
  • CONADO(コナード)
    (地下鉄A・B線 Termini駅構内地下)【Google Map地図
1日歩くことになります。歩きやすい靴で、無理をしないようにゆっくりBARなどで
休憩をとりながらローマを満喫しましょう!!
公共のトイレがあまり無いので、デパートやBARを利用した時に、行っておく事をオススメします。

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ローマでの自由行動。お勧めモデルコースは?

DutyFree(免税店)・Tax Refundって?

Duty Free shopとは?

凱旋門(ローマ) Duty Free Shop(デューティフリーショップ)とは、空港にある税がかからない(免税の)お店です。
日本に帰国する時(イタリアの空港を出発する時)に、イタリアの空港の免税店で 税を免除した金額で商品を購入することができます。

免税店にあるのは、化粧品やアルコール、たばこや、お菓子などの一般的なお土産もの。


ただし、乗継便がある場合、乗継の空港の検査で、
液体のもの(ワインや化粧水など)を購入すると没収されてしまう場合があります。
添乗員さん、もしくは免税店の店員さんに、買っても大丈夫かを聞いてみると安心。
私の場合は、英語で聞きましたが、大丈夫と聞いたので、リモンチェッロのお酒を1本買いました。
※購入できる本数は、決まっているので、確認が必要。


Tax Refund(タックス・リファンド)とは?

これは、EU以外の国の人が個人使用のため、イタリアから持ち出す場合に、
税金の払い戻しを受けられる制度です。
1店舗につき税金込みで154.94ユーロ以上の場合が対象となります。

買物時の方法
TaxFree取扱ショッピング加盟店で買い物をします。
「Tax Refund(タックスリファンド),Please」と伝えても良いでしょう。
支払の時に、パスポートを見せ、免税伝票を作成してもらいます。
この免税伝票とレシートを一緒に出国時まで保管します。

ツアーの場合は、必ず添乗員さんから説明があります。
あわせて、帰国時に税関の手続き方法も案内があります。

自由旅行の場合は、ガイドブックで確認が必要です。(最新情報の確認が必要なため)
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DutyFree(免税店)・Tax Refundって?

チップはどこで必要?

ジェラテリア アメリカのようにチップには、それほど厳しくないようです。
必ず必要というわけではなく、サービスに対してよい気分になれば・・なものです。

チップが必要な所

  • トイレ(これは必ず必要です。50セント~1.5ユーロまで)
  • 高級レストラン(リストランテ)(いいサービスだったと思うなら。10%もあれば十分です)
  • ベッドメイキング(ホテルで宿泊した時に、ベッドのそばに置きます。1人1日1ユーロ位)
  • ホテルでのポーター(荷物を運んでもらった料金:1人1ユーロ):ツアーの場合は不要
ツアーの場合、レストランでのチップは旅行料金に含まれているため支払いません。

チップが必要でないところ

  • ファーストフード
  • ジェラートやさん(ジェラテリア)
  • BAR
  • お土産屋さん
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - チップはどこで必要?

イタリアトイレ事情

イタリア トイレイメージ 海外のトイレ全般に言えることですが、
イタリアのトイレの綺麗さは日本並みではありません。

トイレのドアを開けて中を見た瞬間に、え!?とビックリすることも。 大丈夫そうな!?トイレを見つけたら、ひとまず行っておくことをお勧めします。(笑)

トイレの使い方

  • 色々なタイプがありすぎる
    日本と違ってトイレに色々な使い方の種類があります。
    ひとまず用をたす前に、使い方をイメージして流す方法は確認しておきましょう。
    流す方法は、タンクとつながっている紐を引っ張るやボタン、便器近くにあるペダルなどです
  • 便座がない!
    残念ながら便座がないところが多々。(洋式トイレで、便座カバーがネジごと外されている状態)
    この場合、中腰で腰を浮かせて用をたす、もしくは便器に両足をかけて和式のようにまたいでする。
    もしくは、ウェットティッシュで便器を拭いて利用するという方法もあります。
  • ウォシュレット
    もちろんありません。ウォシュレットを使いたい方は日本から携帯用の持参がお勧め。
  • トイレットペーパーは流さないこともある。
    トイレ個室内にトイレットペーパーがたくさん入ったようなゴミ箱があれば
    それは、「ペーパーはトイレに流さずゴミ箱へ」ということです。
    トイレットペーパーを流すと詰まってしまうことがあるので注意。
  • トイレ?ビデ?
    ホテルでは、トイレの個室の中に2つ似たようなものがあり、
    どっちがトイレ?と戸惑うかもしれません。
    「便座のある普通のトイレ」、「ビデと呼ばれる便座の無いトイレのような形のもの)」の2つです。
    (※上記写真では、真ん中にあるもの)
    イタリアでは、お風呂に毎日入らない分、ウォッシュルーム内にあるビデを利用して
    足元や局部を洗う習慣があるそうです。

    ホテルのトイレ

    一番綺麗で安心して利用できます。(ホテルのグレードにもよりますが。。)



    街のトイレ

    公共のトイレといっても数は少ないです。
    あとトイレチップが必要です。(50セント~1ユーロ、1.5ユーロ) 
    チップの料金は、入口に書かれています。

    トイレの入り口にスタッフさんがいるので、トイレチップを払ってトイレに入ります。
    スタッフさんがいない時には、チップボックスがあります。
    (払わない時は、呼びとめられる場合があります。苦笑。
    たまに、スタッフさんにチップを入れるよう手招きされている人をみる時もあります。)

    有料だからと言って、すごく綺麗!使いやすい!というわけではありません。


    街歩きの中でのトイレ

    街のトイレは、公共のトイレ以外では、デパート・レストラン・BARのトイレを
    利用するしか方法はありません。
    ※便座がない確率が高いかもしれません。

    トイレを借りるためにBARでお茶を飲むと感じることも。。
    必ず、注文してからトイレをかりましょう。トイレに行く時は必ず荷物持参で。

    ちなみに無料のトイレは・・大型デパート、マクドナルド。
    無料なので、混んで長蛇の列の時もあります。
    無料のトイレ周辺はスリも多いため注意です。

    美術館や観光施設はトイレもありますが、個数が少なく行列の場合もあります。

    公共のトイレで、1ユーロや1・5ユーロが必要な場合、
    BARで1ユーロ払ってエスプレッソ飲んで借りる方が楽しめる気がします♪

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアトイレ事情
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報