イタリア旅行現地で役立つ情報

現地スーパーでのお土産・買物方法

リーズナブルなお土産 イタリア人の生活のお買い物を垣間見たい!という場合は、 Supermercati(スーパーマーケット・メルカート)や1ユーロショップへ行ってみましょう。

スーパーマーケットには、現地食材もたくさんあります。
イワシのオイル漬け(3ユーロ)、
トマトソースのチューブ(2ユーロ)、
イカスミペースト(1ユーロ~)、
イタリアのスパイス(2ユーロ)、
トリュフ入りのオリーブオイル(3ユーロ)など、

たくさんの人に配れるリーズナブルな商品が多数あります。
参考の商品については、下段に紹介しています。

私は、スーパーマーケットでカントッチョを買いましたが、お土産店のものより美味しかったです。
自由行動の時には、最初に買いすぎて重い荷物を持ち歩くことにならないよう注意です。

1ユーロショップは、その名の通り、日本と同じ100円ショップのようなお店。
扱っている商品は、Made in Chinaが多く、あまりお土産にならない可能性が高いですが、
イタリアの100円ショップをのぞいてみるのも楽しいかもしれません。


イタリアでよく見かけるスーパーのチェーン店

小さな小売店としてのスーパーもありますが、
食料品全般を扱う大型のスーパーもたくさんあります。
※ツアーの場合、添乗員さんが大体の場所を教えてくれる場合もあります。

ホームページでお店のロゴを覚えておいて街で見かけたときには入って見るのもよいでしょう。
※左メニュー「イタリア都市情報 」の各都市情報で、スーパーの場所を紹介しています。


スーパーマーケットでの購入方法

スーパーマーケット店内 大型スーパーでは、日本と同じようにカートや買い物カゴがあり、 買いたい商品をカゴに入れて、最後にレジで支払う形となります。

大きな店舗では、パンや総菜などテイクアウトできる商品もあります。 (テイクアウト方法は、店舗によって異なる場合がありますが、周りの人をみて  確認してみましょう。そばにある袋に入れたり、スタッフの人に言わないといけない場合もあります)

レジでは、商品を入れたカゴをそのまま置きません。
レジ機械前にあるベルトコンベアのようなベルトの上に、
買い物カゴから取り出した商品を1つ1つ置いていきます。
レジ店員さんがベルトコンベアのベルトを少し進ませ、商品をピッと通していきます。

※日本では、カゴごとに進んでいきますが、ベルトの上で進んでいく感じです。
※カゴは、レジ支払いの前に返すところがあります。

※ベルトコンベアで前の人の商品との間には、レジ近辺にある「棒」のようなものを使います
前の人の商品の後ろ、自分の商品の前に「棒」を区切りのため置く形になります。
(分からない場合、忘れている場合は、レジ店員さんが置いてくれます。)
最後、料金の支払い方は、同じです。
レジの金額表示画面に、表示されるので、料金を払います。

イタリアでは2011年から生分解性プラスチックのものを除き、
レジ袋が禁止となりました。日本で使っているエコバッグの持参を!



スーパーやお店でのオススメお土産商品

使いやすいお土産を、何点か紹介します。他にもたくさんの興味深い商品が多数!
ぜひスーパーでのお買物も楽しんでみてください。
※中にはイタリアにしか売っていないものもあります。
各商品に記載の重さ(g)を確認し、
スーツケースの荷物の重量超過には、お気をつけて。


<食材>
Knorr(クノール)
Risotti(リゾット)やZuppe(スープ)の素
Magia d'Aromi(固形調味料)

インスタント食品で、お湯を入れる、ご飯に混ぜるだけでできるタイプ。
何種類もの味があり、ボルチーニ味など味がしっかりついています。
香りが強いので持ち帰りの際には、袋に入れる方が良いかもしれません。
Star(スター)
Classico(クラッシコ)
コンソメの素ですが、味は日本と少し異なります。美味しいです。
チューブ入りトマトペースト
濃縮トマトペースト。スープやトマトソースのパスタの料理に。
MOTHIAの塩(GROSSO:粗塩・FINO:細粒)
シチリア モティアの塩。パスタ料理やバスソルトにも使えます。
Dried Tomatoes(ドライトマト:乾燥トマト)
乾燥トマトとガーリック・オリーブオイルでのパスタや、鶏肉との炒めものに。
FUNGHI PORCINI SECCHI
(フンギ・ポルチーニ・セッキ:乾燥ボルチーニ)

水に戻して使います。香りがよくパスタやスープに最適。
Tartufo bianco(タルトゥーホ ビアンコ:白トリュフ)
Tartufo nero(タルトゥーホ ネーロ:黒トリュフ)
トリュフのオイルやトリュフの塩など色々な商品があります。
Oil sardine(オイルサーディン)
イワシのオイル漬け。
イタリア産でない物もありますが、パッケージが可愛いです。
Olive Pate(オリーブペースト)
オリーブの実をペーストにしたもの。ビン型やチューブ型があります。
パンやパスタに。
  • Parmigiano Reggiano(パルミジャーノレッジャーノ チーズ)
    パルメザンチーズのこと。真空パックになっているものは持ち帰りやすいです。
    イタリアのものは美味ですが、大きくて重くなりがちなので注意。
  • Anchovy paste(アンチョビ・ペースト)
    カタクチイワシの塩漬けペースト。野菜と炒めるとお酒に合うおつまみに。
  • 松の実(パインナッツ)
    日本で購入できるのは中国産が多いため、イタリア産の松の実は貴重!
    ジェノベーゼのバジルペーストを作る時に。
<お菓子>
  • Kinder chocolate
    あけたらおもちゃが出てくるチョコレート。イタリア発祥です。
  • cameoのデザート
    panna cotta(パンナコッタ)を作る素や凍らして食べるデザートなどがあります。
  • バルサミコ酢のキャンディ チョコレート ヌガー
  • FERRERO(フェレロ) Pocket Coffee
    エスプレッソが入ったコーヒー
  • FERRERO(フェレロ)ROCHER
  • Espresso Beans
    エスプレッソのコーヒー豆をチョコレートで包んだお菓子
<その他>
SAMURAI stuzzicadenti (つまようじ)
レストランなどでも見かける爪楊枝です。
サムライ以外にもSAYONARA・KARATE・KENDO等もあります。
  • Marmorizzazione(マーブル紙)
    フィレンツェの職人さんが作る美しい紙。マーブル紙を使ったノートや
    クリップなど雑貨も売られています。
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 現地スーパーでのお土産・買物方法

ジェラテリアのジェラートは必須!

ジェラテリアのショーケース イタリアでの街歩きの途中にたくさんのジェラテリアに出会います。 ジェラテリアとは、ジェラート専門店です。

日本のアイスクリーム屋さんのようにショーケースにある、たくさんの種類の ジェラートの中から選ぶことができます。

ジェラートは、カップかコーンかを選べます。
通常、2種類をチョイスできます。
追加料金+で複数の種類OK。

ジェラート(€2.5)

オーダーの方法は、イタリア語が分からなくても、
指でジェラートを指して注文することができます。
(ジェラテリアでの支払いは、チップは不要です。)

どこが美味しいジェラテリア?

クッキー付のジェラートも♪ どこが美味しいお店か・・どこも美味しいです。

美味しいお店で食べるというより、お店によって扱っている味が違うので 食べたい味があるジェラテリアで食べることがオススメです。 地元で有名な所は、自然に行列ができていて分かると思いますが、どこで食べても美味しいです。

たくさんのジェラテリアがあるので、2人やグループでシェアして食べて 色々なジェラテリアで食べ比べをするのもオススメです。

ツアーの場合は、添乗員さんにお勧めのジェラテリアを聞いてみるのも参考になります。


その他のジェラテリア情報

色々なジェラートを♪ ・イタリアで人気のあるジェラートの味は、ピスタチオ[Pistacchio(ピスタッキオ)]です。
 南イタリアはピスタチオの産地で有名なので、濃厚な味を楽しむことができます。

・ローマのスペイン広場近くのマクドナルドにはジェラート売り場があります。

 BARにジェラート売り場が併設されている所もありますが、たくさんの種類の中から選びたい!
 という場合は、ジェラテリア(ジェラートだけを扱うお店)に行った方が良いでしょう。  パンナコッタやティラミスなどイタリアのドルチェの味のジェラートはとても美味でした。

注意点

ほぼ良心的なお店ですが、まれにぼったくりのお店があります。
ショーケース近くに、コーンやカップとともに料金が書いてありますが、
記載がない場合や心配な場合には、「Quanto Costa?(クアントコスタ?):いくらですか?」と聞いて
料金を確認しておきましょう。


ジェラートの相場は、3~5ユーロですが、10ユーロ以上とられる場合もあります。

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ジェラテリアのジェラートは必須!

お金の両替方法(イタリア現地にて)

街中の様子 お金が足りなくなった場合、
イタリア現地でも日本円→ユーロに両替が可能です。
両替が可能な場所には、CAMBIO[カンビオ](両替所という意味)という表示を見つけることができます。

両替が可能な場所

  • 空港
    日本にもある両替所(Travelex)を見かけました。
  • 銀行
  • 街中の両替所
  • ホテルフロント
※レートや両替手数料は場所により異なります。

両替について

イタリアでの日本円→EURO(ユーロ)へ換金は、日本で両替するよりレートは悪いです。
レートが悪いというのは、日本円1万円するという例で、
日本で換金した場合は、75ユーロと交換できる所が、
イタリアで換金した場合は、70ユーロと交換になるということです。(5ユーロ分が損)

レートはよくないですが、ユーロが足りなくなった時には、便利です。

もし、できるだけレート良く両替をしたい!という場合は、
ツアーの場合、添乗員さんに聞くと両替所のお店を教えてくれる場合があります。


イタリアの銀行ATMでユーロを引き出す方法

ATMのマークを確認! 新生銀行に口座を持っている場合は、
キャッシュカードに海外でも利用できるインターナショナルキャッシュサービスが付属しています。

海外プリペイドカード(JTB Money T Global(VISA系)キャッシュパスポート(Master系))も別途申込が必要ですが、 日本で日本円を送金しておくと、海外のATMからユーロの引出が可能です。

現地にある銀行ATMからユーロが引き出せます。銀行ATMは空港や街中心部にあります。
ATMには、 VISAマーク・PLUSマーク・Cirrus(シーラス)マークがあります。対応しているマークのATMから現地通貨による預金の引出ができます。
(引き出し金額は、引き出し額(ユーロ代金)を日本円に換算した金額+各銀行の手数料を加算した金額です。)

国際キャッシュカード 対応銀行

現金(ユーロ)の引き出しに1回ずつ手数料が取られる銀行もありますので、ご注意を。

その他の注意点

稀に、日本円が利用できるお土産屋さんがあります。
おつりはEUROとなりますが、レートはかなり悪い(とても高い両替)場合が多いです。

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お金の両替方法(イタリア現地にて)

ヴェネツィアお勧めスポットは?

ヴェネツィアは、海に囲まれた穏やかな街。ゴンドラにのって優雅に運河を楽しめます。
ヴェネツィアの街の中はクネクネと迷路のような構造になっています。
頼れるのは、建物の上に張り付けてあるストリートの名前と行き先のみ
迷路の道を迷いながら、観光を楽しむことができます。

Acqua alta(アックア・アルタ)とは?

アックア・アルタ アックア・アルタは、雨が降り続いたり異常な満潮により水位が上昇し ヴェネツィア都市内陸部まで水が入り込んでくる状況を言います。
自然現象で、まれに10月後半~4月に発生します。

サンマルコ広場や街中は、通路が水浸しになっているため、 水位より少し高く設置された 鉄製や木製の板(gangway:ギャングウェイ)が用意され、 その台の上を歩いてわたるようになります。

売店には長靴も売っていますが、すぐ売り切れます。
アックア・アルタになると運河の水位が上昇するため
ゴンドラは橋の下を通過できないため運行できない可能性があります。
時間がたつと水は引きますが、この時期に旅行の方で気になる方は旅行会社にご確認を。


ヴェネツィアで見ておきたいお勧めスポット!

  • サン・マルコ広場・サンマルコ寺院
    天気が良い日のサン・マルコ広場にたくさんのオープンカフェスペースがあります。
  • 大鐘楼
    大鐘楼からは、ヴェネツィアを一面に見渡せます。
  • ドゥカーレ宮
    牢獄に入ることができます。ためいき橋を渡ることができます。
  • ゴンドラクルーズ
    ゆっくりとゴンドラクルーズを楽しむことができます。内容によりゴンドリエーレが
    優雅に歌を歌ってくれることも。運河を通して街全体の雰囲気を楽しむことができます。
  • リアルト橋
    サンマルコ広場-リアルト橋の間は、迷っても20分程度かかります。
    昼間に、ゆったり進むゴンドラを見るのもよし、夜には、真っ暗な中に川沿いに並ぶ
    店の明かりを幻想的に見ることができます。


ヴェネツィアで行ってみたいお店

  • カフェ・フローリアン:Caffe Florian
    ヴェネツィアに現存する最も古い喫茶店。カフェ・ラテの発祥店として有名。
    サンマルコ広場にあります。
  • カフェ・クアドリ:Caffe Quadri
    こちらもサンマルコ広場にある老舗のカフェ。


ヴェネツィアで食べておきたい料理!

  • イカスミのパスタ:Pasta al nero di seppia
    真っ黒なイカスミのパスタを食べた事がなくてもトライ!海の幸も美味しい。
  • イカスミのリゾット:RISOTTO ALLE SEPPIE NER
  • 魚介料理
  • サルデ・イン・サオール:Sarde in saor
    イワシの南蛮漬け
  • ポレンタ
  • ジェラート
    街歩きの中では、たくさんのジェラート店を発見します。お店によって
    味が違います。イタリアならではの、ティラミス味やパンナコッタ味も美味。


ヴェネツィアでの楽しみ方

初心者でも利用しやすいヴェネツィアのグルメやお店のガイド。
迷路のような街並みのヴェネツィアを効率よく案内してくれます。

ヴェネツィア 世界遺産の水上都市「食べ歩き&買い物」案内 ヴェネツィア 世界遺産の水上都市「食べ歩き&買い物」案内
ショッピングから美食まで、路地裏に隠れた地元の人にも愛される名店がセレクトされています。
ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩 ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩
ヴェネツィア流居酒屋といわれるバーカロをめぐる、はじめてのヴェネツィア案内ガイド


美術館、施設をお得に楽しむには

観光のついていないフリープランの方にお勧め!
美術館、施設の入場が無料、最初の利用から有効期間は7日間。 こちらの施設で購入することができます。
6歳~29歳は29ユーロ、30歳以上は39.90ユーロです。(2013年10月現在)

ヴェネツィアのお勧めオプションツアー

半日観光など、効率よくヴェネツィアを楽しむには♪
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヴェネツィアお勧めスポットは?

ミラノお勧めスポットは?

ミラノは、現代的なおしゃれな街。でも街に立つ建物は、全て歴史ある建物。
そんな街の中を歩いて見るだけでも十分楽しめます。

自分で観光するのは、不安・・という方には、ミラノ市内観光の現地発着ツアーもあります。


より大きな地図で ミラノ観光・お買物map を表示。。(青色アイコン・・観光スポット/黄色アイコン・・お買い物スポット)

ミラノで見ておきたいお勧めスポット!

  • ミラノ ドゥオーモ
    ドゥオーモの屋上に登ることもできます。(有料)
    ドゥオーモの夜景は、真っ暗な中に薄暗い光としてドゥオーモが浮かびます。
  • ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のアーケード
    アーケード内には、高級店が並びます。雄牛のおまじないゾーンもあります。
    夜のアーケード内の輝くガラスドームは必見!
  • スカラ座
    古くからのオペラ劇場。オペラを見ることもできます。
    見学ツアーやオペラ鑑賞チケットはこちらから。
  • ブレラ通り・モンテナポレオーネ通り
    モンテナポレオーネ通りは、高級ブランド店が並ぶ通り。
    ブレラ通りは、オシャレで素朴な雑貨屋さんやカフェが並びます。
    オープンカフェも多いので疲れたら一休みもOK。
  • ブレラ美術館
    17世紀に建てられた建物。イタリア絵画の名作が数多く集まっています。
  • スフォルツェスコ城
  • サンタ・マリア・デッレ・グラッィエ教会
    「有名な最後の晩餐」がある教会。鑑賞には予約が必要です。日本語での予約は、こちらから。
  • サンシーロスタジアム
    9月上旬~5月下旬のサッカー(セリエA)が好きな方には必見!
    セリエAのインテル、ACミランのホームスタジアムです。
    2013年はUEFAチャンピオンズリーグの試合も行われます。
    日本語での事前チケット購入はこちらから。
  • サンシーロ競馬場( Ippodromo di San Siro)
    サンシーロスタジアムの隣にあります。入場料金がいります。

ミラノを快適に楽しむには♪

The Milano Card フリープランの方にお勧め!
ミラノの公共交通機関の乗り放題や美術館施設の無料券もしくは割引券などが 含まれているお得なカードです。
1日券(6.5ユーロ)と3日券(13ユーロ)があります。(2014年7月現在)


ちょっと見てみたい?スポット

  • 「ガレリア」のZUCCA(ズッカ)
    ガレリアの入り口にあるお酒のカンパリ(Campari)の発祥の地のバール。
    内装も外装もオシャレです。
  • 「ガレリア」のマクドナルドマクドナルド
    ガレリア内のインテリアに合わせて高級感ただようマクドナルドです。
  • 「ガレリア」のグッチカフェ
    グッチ直営のGUCCI CAFFE。
  • モンテ・ナポレオーネ通り近くのエンポリオアルマーニ カフェ
    エンポリオアルマーニの服屋さんと併設されているカフェ。

  • ミラノのお土産選び

    1日自由観光、お土産を持ち歩いての移動や町歩きは予想以上に気を使います。
    大量配布のお菓子やオリーブオイル・お酒など、かさばるものや重いものは事前購入しておくと
    お土産に焦ることなくお気に入りをじっくり探すことができるかもしれません。


    <注意>
    ・イタリアの街中ではコインロッカーはありません。(駅には荷物預け所がある場合もあります。)
    ・お土産をたくさん持ち歩いていると、たくさんの荷物に注意が必要となります。
     くれぐれもスリや置き引きに合わないよう、貴重品には気をつけましょう。
     暗い時間帯に帰宅する場合は、バスや地下鉄・トラムよりタクシーの利用が安全です。
     ※タクシーは流しではなく、タクシー乗り場から乗りましょう。

    ミラノで食べておきたい料理!

    • ミラノ風リゾット(Risotto alla Milanese)
      黄金色のリゾット。シンプルだけど、コクが深い味。
      ミラノのリストランテでは、どこでもあります。
    • ピッツア
      ミラノのピッツアは、パリパリの薄いピザ。ミラノだけで食べられる厚さです。
    • エスプレッソやカプチーノ(cappuccino)(イタリア国内全般にて)
      カプチーノはエスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えた飲み物。
      ミラノには、オシャレなバールが多いので、休憩におススメ。
    • パンツェロッティ(panzerotti)
      具材をピザ生地で包んで揚げた、揚げピザ。
      ナポリで大人気ですが、ミラノでは、Panzerotti Luini(ルイーニ)の揚げピザが有名。
      ドゥオモ広場の近く(Via Santa Radegonda通り )
    • パネットーネ(panettone)
      イタリアの伝統的な菓子パンの一つ。ミラノの銘菓。クリスマス時期にたべられる。

    TV番組で紹介されたミラノのお店・レストラン

    <世界行ってみたらホントはこんなトコだったより>公式紹介ページ
    • Luini(ルイーニ)  (詳細:Trip Advisor
      揚げパンにピザを包み込んだ「パンツェロッティ」が紹介されていました。
    • La Gelateria della Musica(ジェラテリア・デッラ・ムーシカ) (詳細:Trip Advisor
      100%手作りで大盛況のジェラート店。
    <ロケみつ 目指せ!ポルトガル ヨーロッパ横断ブログ旅より>公式紹介ページ
    • Venchi(ヴェンキ)  (公式サイト詳細:Trip Advisor
      1878年創業の老舗のチョコレート屋さん。
      チョコレートとストロベリーのジェラートを注文していました。

    ミラノのお勧めオプションツアー

    半日観光など、効率よくミラノを楽しむには♪


    ミラノを訪れる前に読みたい本


女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ミラノお勧めスポットは?
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報