イタリア旅行現地で役立つ情報

BAR(バール)での楽しみ方

ヴェローナで飲んだカプチーノ(€1) イタリアには、バール(BAR)という喫茶店的なカフェがたくさんあります。おもに、昼にはエスプレッソやカプチーノ、夜はお酒が飲まれています。

このバール、立って飲む場合と座って飲む場合、料金が違います。立ち飲みの場合は、€1~€2、座って飲む場合は、€3~€5です。
  • カウンター:立ち飲み(Banco:バンコ)
  • テーブル席:座って飲む(tavolo:タボーロ)
カウンターとテーブル席の料金が違う場合、
メニューの飲み物名の後ろに、以下のように2つの料金が書かれています。
(例)cappuccino 1.25 3.50
(例)cappuccino 1.25(3.50)
 ※カッコの場合もあります。
前の数字がカウンターで立って飲む料金、後ろの数字が座って飲む場合の料金です。

もし座って飲みたい場合は、席を指さすと、テーブル席の料金になると思います。
「Banco?Tavolo?」と聞かれる場合もあるかもしれません。

周りは、イタリア人の人たちばかり。年齢層は、若者から年配の方まで色々。
現地の人たちに混じってエスプレッソを楽しむのも、また面白い。

イタリア人のエスプレッソの飲み方は、付属の砂糖1本を入れて、くぃ、くぃっと3口位で飲むこと。
天気の良い日は、オープンテラスでカフェを楽しむこともできます。

しぼりたてスプレムータ(1杯€2.5) バールでのひそかなお勧めメニューは、スプレムータ(€2.5くらい)。
しぼりたてオレンジジュースです。その場でオレンジを丸ごとしぼる。生ぬるさもあるけど、そのままの美味しさ!ぜひお試しを。

ちなみに、バール利用の場合トイレは無料で借りれます。
バールでトイレを借りることに慣れれば、街歩きも断然楽しくなりますよ。
街中の公共トイレは有料だったり、トイレもあまりないので、BAR利用がお勧めです。


BARでの料金の支払い方

  • レジがある場合(先払い)
    日本にもあるスターバックスやコーヒーショップと同じような形式です。
    レジの店員さんに注文し、レシートをもってカウンターの店員さんに渡すと
    注文した商品を作ってくれて、できあがると飲み物をもらいます。
  • 立って飲む場合
    BARカウンターの店員さんに注文し、飲み物が出てきたときに支払います。
  • 座って飲む場合(カウンターで注文の場合)
    BARカウンターで店員さんに注文し、飲み物が出てきたときに支払います。
    それを自分で空いている席にもっていき、座ります。
    (この場合は、特に席料を取られない場合もあります。)
  • 座って飲む場合(座席にメニューがあり店員さんが注文を聞いてくれる場合)
    空いているテーブルに座り、店員さんが来てくれるのを待ちます。
    注文後、飲み物を持ってきてくれた時に、テーブル会計になります。

BARでの食べ物・飲み物

コルネ
  • カフェ(caffee)
    一般的なコーヒー。
  • エスプレッソ(espresso)
    苦いけど、本場のエスプレッソは、飲む価値あり!
  • カプチーノ(cappuccino)
    主に朝、パンと一緒に飲まれます。
    (イタリア人は、夜にはあまり飲みません)
    エスプレッソに細かいクリーム状に泡立てた牛乳を混ぜた飲み物。 エスプレッソが苦手な方にも、エスプレッソの渋みを残しながら飲みやすいコーヒー。
  • Granita(グラニータ)
    夏にオススメ!エスプレッソを凍らせたかき氷のようなもの。
    グラニータ・ディ・カッフェ。食感はサクサク。
  • Aranciata(アランチャータ)
    普通のオレンジジュース(日本でもパックで飲めるような飲料)
  • Spremuta [di Aranciata]
    (スプレムータ [ディ アランチャータ])

    生搾りオレンジジュース(その場で絞ってくれる!)
  • Cioccolato (チョコラート)
    ココア
  • コルネ/コロネ
    イタリアのクロワッサン。朝食には、よく食べます。
    そのままのクロワッサンと、中にクリームやジャムが入ったクロワッサンもあります。

  • パニーノ/パニーニ
    (Panino(単数)/Panini(複数))

    パンにハムや野菜、チーズなどを挟んだ食べ物。

BARでの注文方法(イタリア語)

  • Un cafee, per favore.(ウン カフェ ペルファボーレ)
    一杯のコーヒーを下さい。(Un cafee・・1杯のコーヒー、 per favore・・下さい)
  • (数字を指で作って)Cappuccino, per favore.(カップチィーノ ペルファボーレ)
    カプチーノを下さい
    (個数によってイタリア語の数字は違いますが、指で作るので、なんとか伝わります。
     数字は指で作りながら、英語で言っても伝わります。)

BARでの注意

席を取るためにテーブルに荷物を置いておくことや、
イスに上着などをかけているとスリに持って行かれるので注意です。

BARで立ち飲みをしている時に、買ったお土産袋や紙バッグを
床に置いていると、これもふとした瞬間に持って行かれます。
あいているイスにカバンを掛けていて、すられるいうこともあります。
休憩では、つい気が緩んでしまいますが、貴重品は自分のそばに、
お土産類も都度手で触っておくなど、気にかけているという素振りが大切です。

その他

イタリアには、BARで簡単にエスプレッソや軽食が楽しめるためスターバックスがありません。
いろんなBARで休憩を楽しんでみてくださいね。


女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - BAR(バール)での楽しみ方

イタリアでのクリスマス/

クリスマスは自宅で。
クリスマスは、イタリア語でNatale(ナターレ)
メリークリスマスは、Buon Natale ! (ブォン ナターレ)

イタリアでは12月に入るとクリスマスの飾りつけも増えてきますが、 日本ほどの飾りつけありません。

クリスチャンにはクリスマスはイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭。 イタリアではクリスマスは家族で過ごしたりミサに参加することから 12月24日夕方から25日、26日はお店や施設などは閉まり、静かになります。
※12月中のお店は日曜日のお休みなく無休で開いていることが多いです。
※12月24日までは街やお店は、かなり混み合います。
※観光地によっては26日は開いている所もあります。
※大聖堂・教会では12月24日深夜から25日にかけてはクリスマスミサがあるため、
  観光客お断りといわれる場合もあります。
※12月27日~30日は通常営業になります。


クリスマスは12月25日に始まり、1月6日の公現祭(エピファニア)に終わるということから
クリスマスの飾りつけは、1月6日まで飾られ翌日に片付けます。

クリスマスのドルチェ(デザート)

Panettone(パネットーネ) クリスマス時期になるとスーパーやパン屋さんでよく見かけます。
  • Panettone(パネットーネ)(ミラノ)
  • Pandoro(パンドーロ)(ヴェローナ)

クリスマス市とは?

クリスマスの飾りつけ 各地で、クリスマス市が開かれます。
イタリア語:Mercatino di natale[メルカートディナターレ]
英語:Cheristmas Market
お菓子やクリスマス飾り、屋台等がたくさん出ます。

クリスマス文化

プレゼピオ
  • イタリアでは魔女がプレゼントを持ってくる。
    サンタクロースもいますが、ベファーナ(Befana)という魔女がプレゼントを持ってきます。プレゼントの日は1月6日。 クリスマスの飾りとともに魔女の飾りも見ることができます。
  • Presepio(プレゼピオ/プレゼーピオ)
    ミニチュアや実物大の人形でキリスト降誕の情景が再現されます。 教会や大聖堂、街中で見ることができます。 12月24日までは馬小屋に藁のベッドは空になっていて、 12月25日0時ちょうどに赤ちゃんの人形を寝かせられます。
  • 年越しには赤い下着
    大晦日に赤い下着をつけると幸せになれるという言い伝えから
    店頭で赤い下着をみかけるかもしれません。

  • クリスマスを過ごす注意

    • 12月は日が短いので早めに観光を済ませるのがおすすめ
      暗くなると危険度も高くなります。24日までは人も多くなるので、スリには注意です。
    • レストランは24日は早めの閉店、25日~26日は1日閉店
      12月24日のレストランは翌日からの休みに備え
      あまり仕入れていないことでメニューにも制限がある可能性があります。
      25日~26日に滞在する場合は、開いているお店を確認しておきましょう。
    • 24日でスーパーやお店もしまってしまうので、事前に買出しを。
      ホテルのレストランを利用の場合は、開いているかを事前に確認しておきましょう。
    • 観光スポットもお休み。
      観光を計画している場合は、開いているかの確認を。
    • 買い物は、24日まで、もしくは27日から。
      25日、26日はショッピングやお土産購入もできません。
      人気のある商品は、クリスマスで購入され品薄の可能性もあります。
    • 大聖堂のミサに参加ができる場合もありますが、神聖な場所だということを認識する
      騒がしくしたり写真撮影などには注意です。


    クリスマス ツアー

    ミラノでのクリスマス

    • ミラノ ドゥーモにあるクリスマスツリー
    • ガレリアのクリスマスツリー

    フィレンツェでのクリスマスイベント

    • フィレンツェ ライトフェスティバル

    ローマでのクリスマス

    • コロッセオのクリスマスツリー
    • ナヴォーナ広場のクリスマスマーケット
      メリーゴーランドやクリスマスの飾り、屋台などがでています。
      1月6日まで。夜22時位まで開いています。
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアでのクリスマス/

イタリアでの洋服・靴のサイズ

ミラノの夕焼け イタリアでショッピング。
服や靴のサイズは、すべて日本と違います。
ブランドによって若干の違いはありますが、
日本で着る・履くサイズをぜひ覚えておきましょう。

ぜひ、色々試着してみてくださいね。

女性の洋服・靴のサイズ





※日本で、23.5の場合、イタリアにて34.5となり、0.5刻みになります。

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアでの洋服・靴のサイズ

ヴェローナのお勧めスポットは?

『ロミオとジュリエット』の舞台となった街、ヴェローナ。
小さな町で、見どころが中心に固まっているため、歩きやすい街です。


より大きな地図で ヴェローナ観光・お買い物map を表示  (青色アイコン・・観光スポット/黄色アイコン・・お買い物スポット)

ヴェローナで見ておきたいお勧めスポット!

  • アレーナ
    中心のブラ広場近くにある大きな円形闘技場。
    毎年6月下旬~8月にかけて、野外オペラ祭が開かれます。
  • エルベ広場
    お土産や野菜などを売るたくさんのお店の市場が広がります。
    エルベ広場の周りには、BARもあり、オープンカフェも楽しむことができます。
  • シニョーリ広場
    少し奥まった所にある広場。ダンテ像を見ることができます。
  • ジュリエッタの家
    『ロミオとジュリエット』の生まれるきっかけとなった家。
    庭に立つジュリエット像の胸を触ると恋がかなうと言われているそうです。

ヴェローナでで食べておきたい料理!

  • パンドーロ:Pandoro
    ヴェローナのクリスマスの銘菓。
  • ポレンタ:Polenta
    トウモロコシ粉を煮込んだ料理
  • 馬肉・ロバ肉の料理
  • ビーゴリ:生パスタ
    太い麺の生パスタ。うどんのようにモチモチ感があります。


ヴェローナへのツアー

ミラノやフィレンツェからヴェローナへのツアーもあります。

女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヴェローナのお勧めスポットは?

イタリアのワイン・アルコール類について

お酒についてのイタリア語

イタリア料理にあうお酒を♪ お酒が好きな方、ぜひメニューを確認してみましょう。
  • vino bianco:ビーノ ビアンコ
    白ワイン(ビーノ:ワイン、ビアンコ:白)
  • vino rosso:ビーノ ロッソ
    赤ワイン(ビーノ:ワイン、ロッソ:赤)
  • secco(セッコ)
    辛口
  • amabile(アマビレ)
    甘口
  • Spumante(スプマンテ)
    発泡ワイン:シャンペン
  • frizzante(フリッザンテ)
    「微発泡」「半発泡」のもの
  • birra(ビッラ)
    ビール

ワイン好きの方のちょっとレアなイタリアの旅

試飲も楽しめます♪ 有名ワイナリーからレアな生産地のワイナリーをめぐる イタリアのオプションツアーがあります。

イタリアのワインについて

イタリアは気候に恵まれているためイタリアの州全てワインが作られています。

1963年にイタリアのワイン法=DOC法(Denominazione di Origine Controllata)が制定され
上からDOCG・DOC・IGT・VdTの4種類に分けられています。

  • DOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)
    デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ
    統制保証付原産地呼称に認定のワイン。
    イタリアのワインの最上位に位置付けられる分類です。
  • DOC(Denominazione di Origine Controllata)
    デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ
    統制原産地呼称に認定のワイン。
  • IGT(Indicazione Geografica Tipica)
    インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカ
    地域特性表示ワイン。
    ラベルには使用されている品種と生産地が表示されます。
  • VdT(Vino da Tavola)
    ヴィーノ・ダ・タヴォラ
    いわゆる「テーブル・ワイン」で使用品種や生産地を表示する義務はありません。
    とくにDOC申請をしないワインは、全てこのクラスに分類されます。

イタリアでよく目にするお酒

ボトルにも注目! 昔からの由来で食前酒、食後酒といわれていましたが、
今は基本的には自由になっています。

<食前酒(aperitivo:アペリティーヴォ)>
  • Campari(カンパリ)
    ミラノ発祥と言われているカンパリ。
    苦味のあるタイプのリキュール。
    アルコール度数は24度。
  • APEROL(アペロール)
    オレンジ系の色々なハーブを使ったリキュール。
    アルコール度数は11度。
  • <食後酒(digestivo:ディジェスティーヴォ)>
    • Grappa(グラッパ)
       イタリア特産の蒸留酒で、ブランデーの一種。アルコール度数は40度。
    <その他>
    • キャンティ(Chianti)
      イタリア・トスカーナ州のキャンティ地方で作られるワイン。
      大量生産のため可愛いパッケージなどでお土産でもよく見かけますが、
      伝統的にキャンティワインを作りつづけてきた地域は、
      黒い鶏の紋章を付けたキャンティ・クラッシコとDOCG認定されています。
    • リモンチェッロ(Limoncello)
      カンパーニア州のナポリ湾周辺の家庭や酒造メーカーで作られるリキュール。
      甘味もあるので口当たりは良いが、アルコール度数は30%以上。
    • ヴェネツィアビール(Birra Venezia)公式サイト
      ヴェネツィアでしか生産されていないビール。BIONDA/ROSSA/BIANCAがあります。
    • ローマビール(Birra ROMA)公式サイト
      2004年に設立されたローマのビール会社のビール。
    • メッシーナビール(MESSINA)
      1923年にシチリア島のメッシーナ社で生まれたラガービール

    ワイン好きの方へのおみやげに


    イタリアワインの専門ショップ

    • ENOTECA(エノテカ)
      ネットからの相談でワインコンシェルジュがおすすめワインを提案してくれます。
    • Tuscany
      イタリアからの直輸入ワインを多数扱うお店。
女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアのワイン・アルコール類について
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報