イタリア旅行現地で役立つ情報

レストランの種類って??

ピサのトラットリア 飲食店を探すときは、看板に必ず書いてあるお店の種類名をチェックしましょう。
ほとんどすべての飲食店で、ここは○○ですよーと分かりやすく、どんなジャンルのお店なのか表示してくれています
それを見ればだいたいお店の雰囲気や価格帯が分かるので、お店選びもスムーズに♪

ちょっと高級感を味わいたい場合は、リストランテへ。
イタリア人に混じって現地生活を味わってみたい場合は、トラットリアやオステリアへ。

オープンカフェになっているお店もあります。

  • Ristrante(リストランテ)
    高級レストラン。価格も少し高め。席料(コペルトCoperto)が取られます(5ユーロ位)。
    お店によって、きっちりした格好のお客さんばかりな所も。
  • Trattoria(トラットリア)
    リストランテ程ではないけれども、前菜、パスタ、メイン、デザートなどコース的に料理が食べれる。
    お店によって、リストランテみたいな高級風な所もあれば、オステリアのような入りやすい賑やかな食堂っぽい所もある。
    本当に中間。席料が取られます。(1・2ユーロ位)
  • Osteria(オステリア)
    リストランテやトラットリアより庶民的な食堂。ワインとかが豊富で、日本でいう居酒屋なイメージ。
  • Pizzeria(ピッツェリア)
    ピッツアを焼く専門の釜があるお店。美味しいピッツァが食べたいときは迷わずココへ!

ちなみに、リストランテやトラットリアのオープンは、
夜7:00から。人気店は、夜6:30位からお店の前に人が並び始めます。

イタリア料理では、前菜・メイン・セコンド・デザートと一般的なコースが決まっていますが、
トラットリアやオステリアでは、全てをオーダーしなくてもあまり気にされません。
(お勧めされるときは、あります)
一品一品が、量が多いので、お腹の具合に合わせてオーダーしましょう。
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - レストランの種類って??

重要!ショーペロ(sciopero)って何?

ローマでのショーペロの様子イタリアではよく耳にする単語 sciopero(ショーペロ)。
イタリア語でストライキの意味です。

バス、地下鉄、学校、タクシー、病院、お店のショーペロなど
いろんな団体、いろんな人たちのショーペロ(ストライキ)があります。ショーペロになると、交通機関は全く動かなくなり学校やお店、病院は休みで稼働しません。

いつショーペロが起こるかは分かりません。
ただし、イタリア関連のサイトでは、事前にショーペロのお知らせなどで、知る事ができます。

公共機関が動いていない、理由が分からず立ち往生になることもありますが、
ショーペロの場合、必ずどこかに「SCIOPERO」「SCIOPERI(複数形)」の文字があります。
交通機関の場合は、略語の「SOP」の文字があります。
ショーペロの文字を見つけた場合には、気長に待つ もしくは別の方法を考えて計画を立てましょう。

イタリアでは、またかと思うほど多くのショーペロがあります。
大きな旗を持ってデモ行進をしたり、大人数で座って動かなかったり。
大きな警備隊が警備をしている場合もあります。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 重要!ショーペロ(sciopero)って何?

DutyFree(免税店)・Tax Refundって?

Duty Free shopとは?

凱旋門(ローマ) Duty Free Shop(デューティフリーショップ)とは、空港にある税がかからない(免税の)お店です。
日本に帰国する時(イタリアの空港を出発する時)に、イタリアの空港の免税店で 税を免除した金額で商品を購入することができます。

免税店にあるのは、化粧品やアルコール、たばこや、お菓子などの一般的なお土産もの。


ただし、乗継便がある場合、乗継の空港の検査で、
液体のもの(ワインや化粧水など)を購入すると没収されてしまう場合があります。
添乗員さん、もしくは免税店の店員さんに、買っても大丈夫かを聞いてみると安心。
私の場合は、英語で聞きましたが、大丈夫と聞いたので、リモンチェッロのお酒を1本買いました。
※購入できる本数は、決まっているので、確認が必要。


Tax Refund(タックス・リファンド)とは?

これは、EU以外の国の人が個人使用のため、イタリアから持ち出す場合に、
税金の払い戻しを受けられる制度です。
1店舗につき税金込みで154.94ユーロ以上の場合が対象となります。

買物時の方法
TaxFree取扱ショッピング加盟店で買い物をします。
「Tax Refund(タックスリファンド),Please」と伝えても良いでしょう。
支払の時に、パスポートを見せ、免税伝票を作成してもらいます。
この免税伝票とレシートを一緒に出国時まで保管します。

ツアーの場合は、必ず添乗員さんから説明があります。
あわせて、帰国時に税関の手続き方法も案内があります。

自由旅行の場合は、ガイドブックで確認が必要です。(最新情報の確認が必要なため)
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DutyFree(免税店)・Tax Refundって?

チップはどこで必要?

ジェラテリア アメリカのようにチップには、それほど厳しくないようです。
必ず必要というわけではなく、サービスに対してよい気分になれば・・なものです。

チップが必要な所

  • トイレ(これは必ず必要です。50セント~1.5ユーロまで)
  • 高級レストラン(リストランテ)(いいサービスだったと思うなら。10%もあれば十分です)
  • ベッドメイキング(ホテルで宿泊した時に、ベッドのそばに置きます。1人1日1ユーロ位)
  • ホテルでのポーター(荷物を運んでもらった料金:1人1ユーロ):ツアーの場合は不要
ツアーの場合、レストランでのチップは旅行料金に含まれているため支払いません。

チップが必要でないところ

  • ファーストフード
  • ジェラートやさん(ジェラテリア)
  • BAR
  • お土産屋さん
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - チップはどこで必要?

イタリアトイレ事情

イタリア トイレイメージ 海外のトイレ全般に言えることですが、
イタリアのトイレの綺麗さは日本並みではありません。

トイレのドアを開けて中を見た瞬間に、え!?とビックリすることも。 大丈夫そうな!?トイレを見つけたら、ひとまず行っておくことをお勧めします。(笑)

トイレの使い方

  • 色々なタイプがありすぎる
    日本と違ってトイレに色々な使い方の種類があります。
    ひとまず用をたす前に、使い方をイメージして流す方法は確認しておきましょう。
    流す方法は、タンクとつながっている紐を引っ張るやボタン、便器近くにあるペダルなどです
  • 便座がない!
    残念ながら便座がないところが多々。(洋式トイレで、便座カバーがネジごと外されている状態)
    この場合、中腰で腰を浮かせて用をたす、もしくは便器に両足をかけて和式のようにまたいでする。
    もしくは、ウェットティッシュで便器を拭いて利用するという方法もあります。
  • ウォシュレット
    もちろんありません。ウォシュレットを使いたい方は日本から携帯用の持参がお勧め。
  • トイレットペーパーは流さないこともある。
    トイレ個室内にトイレットペーパーがたくさん入ったようなゴミ箱があれば
    それは、「ペーパーはトイレに流さずゴミ箱へ」ということです。
    トイレットペーパーを流すと詰まってしまうことがあるので注意。
  • トイレ?ビデ?
    ホテルでは、トイレの個室の中に2つ似たようなものがあり、
    どっちがトイレ?と戸惑うかもしれません。
    「便座のある普通のトイレ」、「ビデと呼ばれる便座の無いトイレのような形のもの)」の2つです。
    (※上記写真では、真ん中にあるもの)
    イタリアでは、お風呂に毎日入らない分、ウォッシュルーム内にあるビデを利用して
    足元や局部を洗う習慣があるそうです。

    ホテルのトイレ

    一番綺麗で安心して利用できます。(ホテルのグレードにもよりますが。。)



    街のトイレ

    公共のトイレといっても数は少ないです。
    あとトイレチップが必要です。(50セント~1ユーロ、1.5ユーロ) 
    チップの料金は、入口に書かれています。

    トイレの入り口にスタッフさんがいるので、トイレチップを払ってトイレに入ります。
    スタッフさんがいない時には、チップボックスがあります。
    (払わない時は、呼びとめられる場合があります。苦笑。
    たまに、スタッフさんにチップを入れるよう手招きされている人をみる時もあります。)

    有料だからと言って、すごく綺麗!使いやすい!というわけではありません。


    街歩きの中でのトイレ

    街のトイレは、公共のトイレ以外では、デパート・レストラン・BARのトイレを
    利用するしか方法はありません。
    ※便座がない確率が高いかもしれません。

    トイレを借りるためにBARでお茶を飲むと感じることも。。
    必ず、注文してからトイレをかりましょう。トイレに行く時は必ず荷物持参で。

    ちなみに無料のトイレは・・大型デパート、マクドナルド。
    無料なので、混んで長蛇の列の時もあります。
    無料のトイレ周辺はスリも多いため注意です。

    美術館や観光施設はトイレもありますが、個数が少なく行列の場合もあります。

    公共のトイレで、1ユーロや1・5ユーロが必要な場合、
    BARで1ユーロ払ってエスプレッソ飲んで借りる方が楽しめる気がします♪

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアトイレ事情
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報