イタリア旅行現地で役立つ情報

チップはどこで必要?

ジェラテリア アメリカのようにチップには、それほど厳しくないようです。
必ず必要というわけではなく、サービスに対してよい気分になれば・・なものです。

チップが必要な所

  • トイレ(これは必ず必要です。50セント~1.5ユーロまで)
  • 高級レストラン(リストランテ)(いいサービスだったと思うなら。10%もあれば十分です)
  • ベッドメイキング(ホテルで宿泊した時に、ベッドのそばに置きます。1人1日1ユーロ位)
  • ホテルでのポーター(荷物を運んでもらった料金:1人1ユーロ):ツアーの場合は不要
ツアーの場合、レストランでのチップは旅行料金に含まれているため支払いません。

チップが必要でないところ

  • ファーストフード
  • ジェラートやさん(ジェラテリア)
  • BAR
  • お土産屋さん
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - チップはどこで必要?

イタリアトイレ事情

イタリア トイレイメージ 海外のトイレ全般に言えることですが、
イタリアのトイレの綺麗さは日本並みではありません。

トイレのドアを開けて中を見た瞬間に、え!?とビックリすることも。 大丈夫そうな!?トイレを見つけたら、ひとまず行っておくことをお勧めします。(笑)

トイレの使い方

  • 色々なタイプがありすぎる
    日本と違ってトイレに色々な使い方の種類があります。
    ひとまず用をたす前に、使い方をイメージして流す方法は確認しておきましょう。
    流す方法は、タンクとつながっている紐を引っ張るやボタン、便器近くにあるペダルなどです
  • 便座がない!
    残念ながら便座がないところが多々。(洋式トイレで、便座カバーがネジごと外されている状態)
    この場合、中腰で腰を浮かせて用をたす、もしくは便器に両足をかけて和式のようにまたいでする。
    もしくは、ウェットティッシュで便器を拭いて利用するという方法もあります。
  • ウォシュレット
    もちろんありません。ウォシュレットを使いたい方は日本から携帯用の持参がお勧め。
  • トイレットペーパーは流さないこともある。
    トイレ個室内にトイレットペーパーがたくさん入ったようなゴミ箱があれば
    それは、「ペーパーはトイレに流さずゴミ箱へ」ということです。
    トイレットペーパーを流すと詰まってしまうことがあるので注意。
  • トイレ?ビデ?
    ホテルでは、トイレの個室の中に2つ似たようなものがあり、
    どっちがトイレ?と戸惑うかもしれません。
    「便座のある普通のトイレ」、「ビデと呼ばれる便座の無いトイレのような形のもの)」の2つです。
    (※上記写真では、真ん中にあるもの)
    イタリアでは、お風呂に毎日入らない分、ウォッシュルーム内にあるビデを利用して
    足元や局部を洗う習慣があるそうです。

    ホテルのトイレ

    一番綺麗で安心して利用できます。(ホテルのグレードにもよりますが。。)



    街のトイレ

    公共のトイレといっても数は少ないです。
    あとトイレチップが必要です。(50セント~1ユーロ、1.5ユーロ) 
    チップの料金は、入口に書かれています。

    トイレの入り口にスタッフさんがいるので、トイレチップを払ってトイレに入ります。
    スタッフさんがいない時には、チップボックスがあります。
    (払わない時は、呼びとめられる場合があります。苦笑。
    たまに、スタッフさんにチップを入れるよう手招きされている人をみる時もあります。)

    有料だからと言って、すごく綺麗!使いやすい!というわけではありません。


    街歩きの中でのトイレ

    街のトイレは、公共のトイレ以外では、デパート・レストラン・BARのトイレを
    利用するしか方法はありません。
    ※便座がない確率が高いかもしれません。

    トイレを借りるためにBARでお茶を飲むと感じることも。。
    必ず、注文してからトイレをかりましょう。トイレに行く時は必ず荷物持参で。

    ちなみに無料のトイレは・・大型デパート、マクドナルド。
    無料なので、混んで長蛇の列の時もあります。
    無料のトイレ周辺はスリも多いため注意です。

    美術館や観光施設はトイレもありますが、個数が少なく行列の場合もあります。

    公共のトイレで、1ユーロや1・5ユーロが必要な場合、
    BARで1ユーロ払ってエスプレッソ飲んで借りる方が楽しめる気がします♪

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアトイレ事情

ヴェローナのお勧めスポットは?

『ロミオとジュリエット』の舞台となった街、ヴェローナ。
小さな町で、見どころが中心に固まっているため、歩きやすい街です。


より大きな地図で ヴェローナ観光・お買い物map を表示  (青色アイコン・・観光スポット/黄色アイコン・・お買い物スポット)

ヴェローナで見ておきたいお勧めスポット!

  • アレーナ
    中心のブラ広場近くにある大きな円形闘技場。
    毎年6月下旬~8月にかけて、野外オペラ祭が開かれます。
  • エルベ広場
    お土産や野菜などを売るたくさんのお店の市場が広がります。
    エルベ広場の周りには、BARもあり、オープンカフェも楽しむことができます。
  • シニョーリ広場
    少し奥まった所にある広場。ダンテ像を見ることができます。
  • ジュリエッタの家
    『ロミオとジュリエット』の生まれるきっかけとなった家。
    庭に立つジュリエット像の胸を触ると恋がかなうと言われているそうです。

ヴェローナでで食べておきたい料理!

  • パンドーロ:Pandoro
    ヴェローナのクリスマスの銘菓。
  • ポレンタ:Polenta
    トウモロコシ粉を煮込んだ料理
  • 馬肉・ロバ肉の料理
  • ビーゴリ:生パスタ
    太い麺の生パスタ。うどんのようにモチモチ感があります。


ヴェローナへのツアー

ミラノやフィレンツェからヴェローナへのツアーもあります。

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヴェローナのお勧めスポットは?

ヴェネツィアお勧めスポットは?

ヴェネツィアは、海に囲まれた穏やかな街。ゴンドラにのって優雅に運河を楽しめます。
ヴェネツィアの街の中はクネクネと迷路のような構造になっています。
頼れるのは、建物の上に張り付けてあるストリートの名前と行き先のみ
迷路の道を迷いながら、観光を楽しむことができます。

Acqua alta(アックア・アルタ)とは?

アックア・アルタ アックア・アルタは、雨が降り続いたり異常な満潮により水位が上昇し ヴェネツィア都市内陸部まで水が入り込んでくる状況を言います。
自然現象で、まれに10月後半~4月に発生します。

サンマルコ広場や街中は、通路が水浸しになっているため、 水位より少し高く設置された 鉄製や木製の板(gangway:ギャングウェイ)が用意され、 その台の上を歩いてわたるようになります。

売店には長靴も売っていますが、すぐ売り切れます。
アックア・アルタになると運河の水位が上昇するため
ゴンドラは橋の下を通過できないため運行できない可能性があります。
時間がたつと水は引きますが、この時期に旅行の方で気になる方は旅行会社にご確認を。


ヴェネツィアで見ておきたいお勧めスポット!

  • サン・マルコ広場・サンマルコ寺院
    天気が良い日のサン・マルコ広場にたくさんのオープンカフェスペースがあります。
  • 大鐘楼
    大鐘楼からは、ヴェネツィアを一面に見渡せます。
  • ドゥカーレ宮
    牢獄に入ることができます。ためいき橋を渡ることができます。
  • ゴンドラクルーズ
    ゆっくりとゴンドラクルーズを楽しむことができます。内容によりゴンドリエーレが
    優雅に歌を歌ってくれることも。運河を通して街全体の雰囲気を楽しむことができます。
  • リアルト橋
    サンマルコ広場-リアルト橋の間は、迷っても20分程度かかります。
    昼間に、ゆったり進むゴンドラを見るのもよし、夜には、真っ暗な中に川沿いに並ぶ
    店の明かりを幻想的に見ることができます。


ヴェネツィアで行ってみたいお店

  • カフェ・フローリアン:Caffe Florian
    ヴェネツィアに現存する最も古い喫茶店。カフェ・ラテの発祥店として有名。
    サンマルコ広場にあります。
  • カフェ・クアドリ:Caffe Quadri
    こちらもサンマルコ広場にある老舗のカフェ。


ヴェネツィアで食べておきたい料理!

  • イカスミのパスタ:Pasta al nero di seppia
    真っ黒なイカスミのパスタを食べた事がなくてもトライ!海の幸も美味しい。
  • イカスミのリゾット:RISOTTO ALLE SEPPIE NER
  • 魚介料理
  • サルデ・イン・サオール:Sarde in saor
    イワシの南蛮漬け
  • ポレンタ
  • ジェラート
    街歩きの中では、たくさんのジェラート店を発見します。お店によって
    味が違います。イタリアならではの、ティラミス味やパンナコッタ味も美味。


ヴェネツィアでの楽しみ方

初心者でも利用しやすいヴェネツィアのグルメやお店のガイド。
迷路のような街並みのヴェネツィアを効率よく案内してくれます。

ヴェネツィア 世界遺産の水上都市「食べ歩き&買い物」案内 ヴェネツィア 世界遺産の水上都市「食べ歩き&買い物」案内
ショッピングから美食まで、路地裏に隠れた地元の人にも愛される名店がセレクトされています。
ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩 ヴェネツィア ~カフェ&バーカロでめぐる、12の迷宮路地散歩
ヴェネツィア流居酒屋といわれるバーカロをめぐる、はじめてのヴェネツィア案内ガイド


美術館、施設をお得に楽しむには

観光のついていないフリープランの方にお勧め!
美術館、施設の入場が無料、最初の利用から有効期間は7日間。 こちらの施設で購入することができます。
6歳~29歳は29ユーロ、30歳以上は39.90ユーロです。(2013年10月現在)

ヴェネツィアのお勧めオプションツアー

半日観光など、効率よくヴェネツィアを楽しむには♪
>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヴェネツィアお勧めスポットは?

ミラノお勧めスポットは?

ミラノは、現代的なおしゃれな街。でも街に立つ建物は、全て歴史ある建物。
そんな街の中を歩いて見るだけでも十分楽しめます。

自分で観光するのは、不安・・という方には、ミラノ市内観光の現地発着ツアーもあります。


より大きな地図で ミラノ観光・お買物map を表示。。(青色アイコン・・観光スポット/黄色アイコン・・お買い物スポット)

ミラノで見ておきたいお勧めスポット!

  • ミラノ ドゥオーモ
    ドゥオーモの屋上に登ることもできます。(有料)
    ドゥオーモの夜景は、真っ暗な中に薄暗い光としてドゥオーモが浮かびます。
  • ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のアーケード
    アーケード内には、高級店が並びます。雄牛のおまじないゾーンもあります。
    夜のアーケード内の輝くガラスドームは必見!
  • スカラ座
    古くからのオペラ劇場。オペラを見ることもできます。
    見学ツアーやオペラ鑑賞チケットはこちらから。
  • ブレラ通り・モンテナポレオーネ通り
    モンテナポレオーネ通りは、高級ブランド店が並ぶ通り。
    ブレラ通りは、オシャレで素朴な雑貨屋さんやカフェが並びます。
    オープンカフェも多いので疲れたら一休みもOK。
  • ブレラ美術館
    17世紀に建てられた建物。イタリア絵画の名作が数多く集まっています。
  • スフォルツェスコ城
  • サンタ・マリア・デッレ・グラッィエ教会
    「有名な最後の晩餐」がある教会。鑑賞には予約が必要です。日本語での予約は、こちらから。
  • サンシーロスタジアム
    9月上旬~5月下旬のサッカー(セリエA)が好きな方には必見!
    セリエAのインテル、ACミランのホームスタジアムです。
    2013年はUEFAチャンピオンズリーグの試合も行われます。
    日本語での事前チケット購入はこちらから。
  • サンシーロ競馬場( Ippodromo di San Siro)
    サンシーロスタジアムの隣にあります。入場料金がいります。

ミラノを快適に楽しむには♪

The Milano Card フリープランの方にお勧め!
ミラノの公共交通機関の乗り放題や美術館施設の無料券もしくは割引券などが 含まれているお得なカードです。
1日券(6.5ユーロ)と3日券(13ユーロ)があります。(2014年7月現在)


ちょっと見てみたい?スポット

  • 「ガレリア」のZUCCA(ズッカ)
    ガレリアの入り口にあるお酒のカンパリ(Campari)の発祥の地のバール。
    内装も外装もオシャレです。
  • 「ガレリア」のマクドナルドマクドナルド
    ガレリア内のインテリアに合わせて高級感ただようマクドナルドです。
  • 「ガレリア」のグッチカフェ
    グッチ直営のGUCCI CAFFE。
  • モンテ・ナポレオーネ通り近くのエンポリオアルマーニ カフェ
    エンポリオアルマーニの服屋さんと併設されているカフェ。

  • ミラノのお土産選び

    1日自由観光、お土産を持ち歩いての移動や町歩きは予想以上に気を使います。
    大量配布のお菓子やオリーブオイル・お酒など、かさばるものや重いものは事前購入しておくと
    お土産に焦ることなくお気に入りをじっくり探すことができるかもしれません。


    <注意>
    ・イタリアの街中ではコインロッカーはありません。(駅には荷物預け所がある場合もあります。)
    ・お土産をたくさん持ち歩いていると、たくさんの荷物に注意が必要となります。
     くれぐれもスリや置き引きに合わないよう、貴重品には気をつけましょう。
     暗い時間帯に帰宅する場合は、バスや地下鉄・トラムよりタクシーの利用が安全です。
     ※タクシーは流しではなく、タクシー乗り場から乗りましょう。

    ミラノで食べておきたい料理!

    • ミラノ風リゾット(Risotto alla Milanese)
      黄金色のリゾット。シンプルだけど、コクが深い味。
      ミラノのリストランテでは、どこでもあります。
    • ピッツア
      ミラノのピッツアは、パリパリの薄いピザ。ミラノだけで食べられる厚さです。
    • エスプレッソやカプチーノ(cappuccino)(イタリア国内全般にて)
      カプチーノはエスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えた飲み物。
      ミラノには、オシャレなバールが多いので、休憩におススメ。
    • パンツェロッティ(panzerotti)
      具材をピザ生地で包んで揚げた、揚げピザ。
      ナポリで大人気ですが、ミラノでは、Panzerotti Luini(ルイーニ)の揚げピザが有名。
      ドゥオモ広場の近く(Via Santa Radegonda通り )
    • パネットーネ(panettone)
      イタリアの伝統的な菓子パンの一つ。ミラノの銘菓。クリスマス時期にたべられる。

    TV番組で紹介されたミラノのお店・レストラン

    <世界行ってみたらホントはこんなトコだったより>公式紹介ページ
    • Luini(ルイーニ)  (詳細:Trip Advisor
      揚げパンにピザを包み込んだ「パンツェロッティ」が紹介されていました。
    • La Gelateria della Musica(ジェラテリア・デッラ・ムーシカ) (詳細:Trip Advisor
      100%手作りで大盛況のジェラート店。
    <ロケみつ 目指せ!ポルトガル ヨーロッパ横断ブログ旅より>公式紹介ページ
    • Venchi(ヴェンキ)  (公式サイト詳細:Trip Advisor
      1878年創業の老舗のチョコレート屋さん。
      チョコレートとストロベリーのジェラートを注文していました。

    ミラノのお勧めオプションツアー

    半日観光など、効率よくミラノを楽しむには♪


    ミラノを訪れる前に読みたい本


>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ミラノお勧めスポットは?
前のページへ 1  2  3  4  5  6  7
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報