イタリア旅行現地で役立つ情報

イタリアトイレ事情

イタリア トイレイメージ 海外のトイレ全般に言えることですが、
イタリアのトイレの綺麗さは日本並みではありません。

トイレのドアを開けて中を見た瞬間に、え!?とビックリすることも。 大丈夫そうな!?トイレを見つけたら、ひとまず行っておくことをお勧めします。(笑)

トイレの使い方

  • 色々なタイプがありすぎる
    日本と違ってトイレに色々な使い方の種類があります。
    ひとまず用をたす前に、使い方をイメージして流す方法は確認しておきましょう。
    流す方法は、タンクとつながっている紐を引っ張るやボタン、便器近くにあるペダルなどです
  • 便座がない!
    残念ながら便座がないところが多々。(洋式トイレで、便座カバーがネジごと外されている状態)
    この場合、中腰で腰を浮かせて用をたす、もしくは便器に両足をかけて和式のようにまたいでする。
    もしくは、ウェットティッシュで便器を拭いて利用するという方法もあります。
  • ウォシュレット
    もちろんありません。ウォシュレットを使いたい方は日本から携帯用の持参がお勧め。
  • トイレットペーパーは流さないこともある。
    トイレ個室内にトイレットペーパーがたくさん入ったようなゴミ箱があれば
    それは、「ペーパーはトイレに流さずゴミ箱へ」ということです。
    トイレットペーパーを流すと詰まってしまうことがあるので注意。
  • トイレ?ビデ?
    ホテルでは、トイレの個室の中に2つ似たようなものがあり、
    どっちがトイレ?と戸惑うかもしれません。
    「便座のある普通のトイレ」、「ビデと呼ばれる便座の無いトイレのような形のもの)」の2つです。
    (※上記写真では、真ん中にあるもの)
    イタリアでは、お風呂に毎日入らない分、ウォッシュルーム内にあるビデを利用して
    足元や局部を洗う習慣があるそうです。

    ホテルのトイレ

    一番綺麗で安心して利用できます。(ホテルのグレードにもよりますが。。)



    街のトイレ

    公共のトイレといっても数は少ないです。
    あとトイレチップが必要です。(50セント~1ユーロ、1.5ユーロ) 
    チップの料金は、入口に書かれています。

    トイレの入り口にスタッフさんがいるので、トイレチップを払ってトイレに入ります。
    スタッフさんがいない時には、チップボックスがあります。
    (払わない時は、呼びとめられる場合があります。苦笑。
    たまに、スタッフさんにチップを入れるよう手招きされている人をみる時もあります。)

    有料だからと言って、すごく綺麗!使いやすい!というわけではありません。


    街歩きの中でのトイレ

    街のトイレは、公共のトイレ以外では、デパート・レストラン・BARのトイレを
    利用するしか方法はありません。
    ※便座がない確率が高いかもしれません。

    トイレを借りるためにBARでお茶を飲むと感じることも。。
    必ず、注文してからトイレをかりましょう。トイレに行く時は必ず荷物持参で。

    ちなみに無料のトイレは・・大型デパート、マクドナルド。
    無料なので、混んで長蛇の列の時もあります。
    無料のトイレ周辺はスリも多いため注意です。

    美術館や観光施設はトイレもありますが、個数が少なく行列の場合もあります。

    公共のトイレで、1ユーロや1・5ユーロが必要な場合、
    BARで1ユーロ払ってエスプレッソ飲んで借りる方が楽しめる気がします♪

>女子旅特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
>VELTRA
このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イタリアトイレ事情
イタリアでお買い物
イタリアでの食事
イタリアでの交通事情
イタリアまめ知識
お土産選び
イタリア都市情報